電子書籍

2020年に絶対見るべき漫画ランキング厳選100をジャンル別に紹介!

2020年に絶対見るべき漫画ランキング厳選100をジャンル別に紹介!

2020年に絶対見るべき漫画ランキング100作品を独自の視点で厳選しました!

少年・青年向けコミックから50作品、少女・女性コミックからも50作品、それぞれジャンル別にベスト10を選んでいます。

異能バトル系や異世界系、スポーツ、お仕事、恋愛、学校系などなど、どれも順位の優劣がつけがたい面白い作品ばかりです。

是非こちらを参考に2020年も漫画を楽しみまくってください!

あなたが好きな作品は入っていますでしょうか。それでは早速ご紹介していきましょう!

2020年に絶対見るべき漫画ランキング厳選100!

2020年に絶対見るべき漫画を独自ランキング形式で少年・青年向け漫画50作品、少女・女性向け漫画50作品、計100作品を厳選してご紹介していきます!

まずは少年・青年向け漫画50選です。

少年・青年向け漫画50選

以下の5ジャンルそれぞれでベスト10の作品を、あらすじと見どころを交えてご紹介していきたいと思います。

  • 異能バトル系漫画
  • 異世界系漫画
  • 探偵系漫画
  • スポーツ系漫画
  • お仕事系漫画

異能バトル系漫画ベスト10

第1位:僕のヒーローアカデミア


【あらすじ】

生まれた人間に個性が宿り、ヒーローを志す者が増えた超人社会で緑谷出久は稀な現象となる個性を持たない人間として生まれたのだ。

ヒーローになりたいが個性が無いと言う事実に悩ませていると、No.1ヒーローのオールマイトが現れたので出久は個性が無くてもヒーローになれるかと聞いたのである。

対してオールマイトはヒーローは危険だと言われたのだ。

そんな中、幼馴染の爆豪勝己がヴィランに襲われているのを目にして、体が勝手に動き出したかのように遮二無二に助けに行ったのである。

この光景を見て、ヒーローたる資格があると感じたオールマイトは自らの個性を出久に渡したのだ。

この日を境に出久がヒーローを目指すストーリーが始まるのである。

【見どころ】

この作品では、出久がかなりと言っていいくらいの努力をしてヒーローを目指していく過程が見どころとなっています。

出久がオールマイトから貰った個性・ワン・フォー・オールはとても強力で、しかも全くと言っていい程鍛えていなかったのですぐには使いこなせない代物なのです。

それ故に歩みが遅くても使えるようにと与えられた課題をこなし、自分なりに考えて力の使い方の模索をし、少しずつではありますがなりたいヒーローへと近づくのです。

 

第2位:呪術廻戦

【あらすじ】

祖父の手によって育てられた虎杖悠仁は、彼から人の役に立つ仕事をするように言われ、それから祖父は命を落とした。

その晩、虎杖は伏黒恵と出会い、彼から呪物である「両面宿儺の指」を渡すように言われるが既にオカルト研究部の先輩の手に渡っており、封印も解除されていた。

呪いが学校に集まり、劣勢に立たされる中で虎杖は一か八かで指を取り込んだ。

この事で彼は呪術師に命を狙われるが、最強と謳われる呪術師である五条悟は二つの選択を迫られたのだ。

選択を下した日から、虎杖は呪いに立ち向かっていく事になるのである。

【見どころ】

この作品は、指を取り込んでから人生が大きく変わりながらも亡き祖父の遺言に従い、自分の考えを曲げずに生きる虎杖の生き様が見どころとなっています。

基本的には優しい性格の彼ですが、呪いの類に関しては容赦がないのです。

その理由は祖父のような穏やかな死が正しいと思っており、呪いによって苦しみながら死ぬのは間違っているという考えを抱いているからです。

せめて自分が知っている人だけでも安らかに成仏してほしいと願いながら、彼は呪いと戦っているのです。

 

第3位:ワンパンマン

【あらすじ】

偶々子供が怪人に襲われているの目にして助けたサイタマはかつてヒーローになりたい夢を抱いていたのを思い出し、ヒーローになるべくトレーニングを積み重ねていく。

その結果、どんな怪人も一撃で倒せるくらいの力を得たが緊張感が無いので何処か憂鬱な思いを抱いていた。

そんな中、モスキート娘に苦戦するサイボーグのジェノスを助けると、サイタマの強さをこの目で見たジェノスは弟子入りする事にした。

やがて彼からヒーロー協会の存在を知り、協会に所属してヒーロー活動をする事になったのである。

【見どころ】

この作品の見どころはヒーローの数がとても多い事です。

どの作品でもヒーローのキャラクターは基本的にはそれ程多くはありませんが、ワンパンマンと言う作品には多くのヒーローが登場します。

どのヒーローも皆様々な能力を持っており、しかも個性的な者達が多いです。

そのヒーローを取りまとめるヒーロー協会と言う会社があり、その会社に所属してヒーロー活動をする事でランクが上がっていき、最終的にはS級と呼ばれるランクにまで昇格出来ます。

 

第4位:ダーウィンズゲーム

【あらすじ】

何処にでもいる一般高校生であるカナメは友人から招待されたダーウィンズゲームという殺し合いのゲームに参加し、物体をコピーして取り寄せて強化する能力を得た。

そしてシュカと言う女性に会い、彼女からゲームの参加者はシギルと言う能力を受け取り、その能力を駆使して己の命を懸けた戦いをし、クリアするまで逃げられない事を知ったのである。

次から次へと開かれているゲームに、カナメは戦いを通じて出来た仲間達と共に挑んでいくのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、ゲームの参加者に与えられる能力である異能(シギル)です。

シギルはカナメを始めとしたゲームの参加者には必ず与えられる能力であり、念力を操ることが出来る念動系、自分自身の体を全く別の物に変化させる身体変化系、相手の精神に影響を与える精神操作系、自身の五感を強化する感覚拡張系、化学物質を生み出す事が出来る化学錬成系とバリエーションに富んでいます。

一度与えられたシギルは変更できませんので、与えられた能力で如何にゲームを生き残れるのか、プレイヤーの腕次第となっていきます。

 

第5位:とある魔術の禁書目録

【あらすじ】

超能力が科学で判明するような世界に住んでいる不幸体質を持つ男子高校生の上条当麻は自宅のベランダでインデックスと言う少女に出会った。

彼女との出会いによって魔術の存在を知り、インデックスを狙う魔術師ステイル・神裂と戦い、彼女の記憶喪失の原因となっている首輪を破壊した。

その事によって当麻は記憶喪失になってしまうも、インデックスと共に同居生活をすると共に自らの周囲に巻き起こる様々事件に巻き込まれていくのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、魔術の事を殆ど知らず、その上頭の悪い当麻の成長が見どころとなっています。

「幻想殺し(イマジンブレイカー)」と言う相手の魔力を消す事が出来る強力な能力を持ち、抜群の身体能力を持つ彼ですが、学校の学力や魔術師に関する学力は余りにも悪く、しかも魔力と身体能力が共に高レベルの敵にはやられたりしています。

それでも彼なりに戦い方を見出したり、少しずつ知識を身に着けて言ったりと努力はしているのです。

 

第6位:出会って5秒でバトル

【あらすじ】

成績トップレベルであるがゆえに、日常が退屈に思っているゲーム大好きな白柳啓は包帯だらけの男に襲われるも、ゲームの感覚で撃退する事に成功する。

しかし、すぐさまマジシャン風の女性に始末されたのだ。

やがて白柳が目を覚ますと病院風の建物におり、しかも自分と同じ境遇の者達が揃っていた。

会場に集められた白柳達の元にマジシャン風の女性である魅音が現れ、与えられた異能を使って戦うように説明したのである。

今ここに、白柳達による戦いが開始されたのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、魅音が参加者全員に与えた能力と様々な戦いです。

主人公の白柳は自らの能力だと思えば使える力、メインヒロインの天翔優利は自らの力を高める事が出来る力、霧崎円は木の枝を剣に変えれる力、熊切真は僅かな時間だけ無敵になれる力、多々良りんごは相手の力を十分の一だけ真似れる力と多種多様にあるのです。

それに戦いのルールにも色々あり、1対1で戦うもの、5人グループによる柔道みたいに1対1で戦うものと様々なのです。

 

第7位:血界戦線 Back 2 Back

【あらすじ】

ある日を境にニューヨークは、異界と人間界が交差した末に出来上がったヘルサレムズ・ロットと言う街に生まれ変わったのだ。

秘密結社のライブラは、その街から出てくるブラッドブリードを筆頭とした異界の住人達相手に他の街を守るために戦っていたのである。

新聞記者で神々の義眼を得たレオナルドは街へと足へと踏み入れ、眼を使って事件を解決した経緯からライブラの一員となって数多くの事件に挑むのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、レオナルドのかなりと言っていい程の妹思いにあります。

彼は異界存在のリガ=エルから「視力を喪失する代わりに、神々の義眼を与える」という選択を迫られた際、妹が先に渡したので力を得たのです。

この経緯から罪悪感を抱いた彼は妹の視力を取り戻すために働き、自身の都合で能力を使う事は無く、手に入れた給料は妹の治療のために仕送りをするようにしたのです。

この事から如何に彼がかなりの妹思いなのかが分かると思います。

 

第8位:絶対可憐チルドレン

【あらすじ】

21世紀、エスパーの存在は様々な分野で欠かせない存在となっていたのだ。

そんな中、レベル7のエスパーである明石薫、野上葵、三ノ宮紫穂と言う3人の少女はバベルと言う組織に属し、ザ・チルドレンと言うトリオで活動していたのである。

彼女達の指揮官として超能力研究者の皆本光一が起用され、ザ・チルドレンは彼と様々な仕事をこなしていく事で絆を深めていき、皆本も肉体的にも精神的にも成長していく彼女達を見守っていくのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、ザ・チルドレンの成長であります。

初期の彼女達は小学生であり、強力な力を持っているのですが精神年齢はまだまだ幼いのでそのせいでピンチを招いたり、些細な事から喧嘩をしてしまったりしてしまいます。

それにエスパーと言う特別な力のせいで、親と離れ離れの生活を余儀なくされてもいるので複雑な思いを抱えているのです。

それでも彼女達は何とか克服して、思いをぶつけて、学んでいく事で成長していくのです。

 

第9位:炎炎ノ消防隊

【あらすじ】

東京皇国では、ある災害が切っ掛けで突如として人が炎に包まれて焔ビトになると言う事件が起こり、焔ビトを浄化するために炎を操る事が出来る者達で構成された特殊消防隊が結成された。

炎を生み出し操る事が出来るシンラ・クサカベは幼少期に母と弟が火災で命を落とし、しかも笑っていた事が切っ掛けで悪魔呼ばわりされていた。

しかし、腐る事なく訓練して第8特殊消防隊の所属になり、幼少期の火災の原因を仲間と共に探っていく事になるのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、ヒーローを目指すシンラの頑張りが見どころとなっています。

上記でも触れましたが、彼は幼い頃に火事で母と弟を失ってしまいますが火事は何者かによって仕組まれたのだと察していました。

その真相を確かめるために消防隊に属して、自分のように悲しむ人を助けて犯人を突き止めようと例え悪魔だなんだと蔑まれながらも頑張っていました。

そして第8特殊消防隊に配属になり、仲間と共に成長していき、ヒーローとなっていくのです。

 

第10位:七つの大罪

【あらすじ】

リオネス王国では聖騎士達が王国を治めていたのだが、次第に増長して好き勝手に振舞うようになっていくのである。

これでは良くないと思った王国の第三王女のエリザベスは、かつて王国に仕えた伝説の騎士七つの大罪を探しに行き、追っ手に追われながらも豚の帽子亭に足を踏み入れる。

そこにいたのは豚の帽子亭の店主で、七つの大罪団長のメリオダスだったのだ。

彼女の申し出を受け入れたメリオダスは、散り散りになっている仲間を集める旅に出たのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、個性豊かな七つの大罪の面々にあります。

団長のメリオダスは魔神族であり、幼そうな顔立ちや背丈でありながら3000年生きているのです。

団員には巨人族の女の子ディアンヌ、妖精族の王キング、人間でありながら不死身であるバン、様々な魔術を操る魔術師マーリン、感情が乏しい人形ゴウセル、太陽が出ている時は最強で無い時は最弱のエスカノールがいます。

このように、七つの大罪はバラエティに飛んだ面々なのです。

 

異世界系漫画ベスト10

第1位:魔入りました入間くん

【あらすじ】

14歳の平凡な中学生である鈴木入間は、自分勝手な両親の都合で悪魔であるサリバンの養子となってしまうのだ。

サリバンの勧めで悪魔達が通っている学校に通う事になった入間は、出来るだけ目立たずにかつ自分が悪魔じゃないのがバレないように生活しようとしていた。

そんな彼の思いは打ち砕かれ、次々とトラブルが起こってしまい、それを乗り越える事で目立つ事になってしまったのだ。

目立つ事になりながらも入間はささやかな幸せを求めるのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、理不尽な親の仕打ちで悪魔の元に売り渡されたのにも関わらず、悪魔達との生活に馴染んでいく入間の適応力です。

悪魔と人間は種族として全然違いますので警戒したり、距離を置いたりするのは普通なのですが入間は普通に生活に馴染んだり、悪魔達に対しても人間と同じように接したり、友達になったりするのです。

その影響で多くの悪魔は彼に一目置いたり、彼と友達になったり、一部の女性悪魔は好意を抱いたりするのです。

 

第2位:邪龍転生

【あらすじ】

ある世界では、宝くじが当たらないかなと嘆くサラリーマンの男性が突然異世界に飛ばされ、世界最強の邪龍に転生してしまうのだ。

そんな自分を慕ってくれるスライム達と共に森の中で穏やかに暮らしていたのだが、突如として魔神の配下が襲来してくるのである。

配下は多くのスライム達を始末していくのだが、その行為に堪忍袋の緒が切れた邪龍は力を振るってあっという間に撃破する。

同時にこれ以上被害を出さないために旅立つのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、サラリーマンが転生した邪龍は非常に涙もろく優しいのが特徴となっています。

邪龍と言えば、かなりと言っていい程の凶悪ぶりで気に入らない者達を始末していく存在です。

この作品に登場する邪龍は人間が転生したものですので、人間らしい感情を持っています。

それ故に自分の周りの者達が苦しんでいたりしているのを見て涙を流し、自分に助けを求めてくる者の頼みを断る事が出来ずに戦う優しさを持っているのです。

 

第3位:盾の勇者の成り上がり

【あらすじ】

ある日、図書館で四勇者に関する本を読んだ大学生の岩谷尚文は、盾の勇者として異世界にある国家メルロマルクに召喚された。

他にも勇者達が呼ばれており、国王から魔物から世界を守るように指示され、武器を鍛えるために仲間と共に旅に出る事となった。

しかし、尚文は盾ゆえに人気がなく、しかも唯一仲間になった女性であるマインも彼を裏切り、挙句の果てには強姦扱いされてしまうのだ。

結果冤罪になるのだが、この経緯から人が信用できなくなった尚文は奴隷商人から貰った亜人の少女であるラフタリアを連れて旅に出たのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、タイトル通り尚文が段々成り上がっていく事です。

最初こそ、冤罪のせいで人々から変な目で見られてしまっていましたが、仲間と共に身分を隠しながら行商をしていく事で名を上げていくのです。

やがて女王によって名誉が回復してからも、活動を続けていきました。

本来なら冤罪にされた際にやさぐれてもおかしくはありませんが、それでも出来る限り勇者として活動したり、仲間の面倒を見たりしているのでそう言って尚文の芯の強さも見どころの一つと言えるでしょう。

 

第4位:この素晴らしい世界に祝福を!

【あらすじ】

不運な事故でこの世を去る事になったカズマは、女神アクアから異世界に行く事を提案され、同時に何か1つ特典として持っていけると言われたのである。

カズマは彼女を連れていく事に決め、2人で異世界に向かった。

異世界に到着したカズマは運勢だけはずば抜けて高い冒険者、アクアは運勢以外の能力はずば抜けているアークプリーストとなって冒険の旅に出た。

旅の中で仲間を増やすも、仲間が起こす問題にカズマは巻き込まれるのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、かなりと言っていい程の問題がある仲間達です。

アクアは能力はずば抜けているのですが、素行が悪いのです。

めぐみんは人間が覚える魔法の中で最強を誇っていると過言ではない爆裂魔法を操る事が出来るのですが、一回しか使えない欠点があります。

ダグネスは貴族であり、美しい女性ではありますが妄想癖があるドMなのです。

こんな彼女達が引き起こす問題の数々に、カズマは相当と言っていい程に困ってしまうのです。

 

第5位:ジンメン

【あらすじ】

マサトが7年ぶりの故郷へと帰り、ヒトミと共に子供の頃によく来ていた不士サファリパークへと向かった。

最初のうちは楽しんでいたのだが、突如として人間の顔をした動物否ジンメンに襲われ、飼育されている動物も襲い始めたのである。

2人は飼育員の中田と共に脱出する事に成功するも、ジンメンも外に出ていて、故郷の人々を始末していた。

彼らの目的が動物公国を作る事だと知ったマサトは仲間達と共にその野望に立ち向かうのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、言わずもがなジンメンです。

彼らは人間の顔がついて凶暴となった動物の事を指してしますが、ただそれだけではありません。

人間みたいになった影響で知能も人並みに成長しており、言葉も人語を喋れるようになっているのです。

そして今まで人間達に虐待された経緯から人間達を襲い、場合によっては奴隷にし、場合によっては食料としてしまうのです。

どうしてジンメンが誕生したのかと言うのも作中で明らかになっていきます。

 

第6位:転生したらスライムだった件

【あらすじ】

通り魔によって命を落とした会社員は異世界でリムルと言う名前のスライムになった。

異世界でリムルはゴブリン達のために森で国づくりを行う事にし、その事でドワーフの国の住民や王族と関わりを持つことになったのだ。

そんな中、シズと呼ばれる人物の体内にいた炎の精霊であるイフリートが暴れ出し、リムルは自らの能力でイフリートとシズを引き離し、息を引き取ったシズを飲み込んで人間の姿になる。

それからは国づくりの中で、様々な相手と戦う事になっていく。

【見どころ】

この作品の見どころは、リムルが作り出す全ての種族が住む事が出来る国づくりの過程です。

一番最初の頃は、ジュラの大森林のごく一部の領地しかありませんでした。

しかし、リムルの活躍や頑張りを見た色々な種族が国づくりに力を貸し、リムルが魔王になったりした影響で国づくりは進んでいき、最終的に大きな国家へと発展しました。

更に生活水準も高くなっていき、最終的には普通の人間や多くの種族が住む国へとなっていったのです。

 

第7位:転生貴族の異世界冒険録

【あらすじ】

本来の世界で少女を庇って命を失ってしまった椎名和也は、異世界で貴族カイン・フォン・シルフォードとして、夢にまで見た剣と魔法の世界に転生した。

本来の世界とは違い、5歳となった時に洗礼を受ける事になっているのでカインはその習いに従って洗礼を受けたのだ。

しかし、洗礼を受けた際に途轍もないステータスと神々の加護を得てしまったのである。

この事によって、凄まじい力を手に入れたカインの自重しない日々が始まって行くのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、主人公であるカインの能力にあります。

彼は洗礼を受けた際に、過剰過ぎるくらいの力を手に入れる事が出来たのです。

初期の段階で体力、魔力、能力は全てにおいて規格外のレベルになっており、創造魔法、火魔法と言って魔法もレベル10にまで引き上がっており、スキルである鑑定やアイテムボックスもレベル10にまで引き上がっており、創造神の加護と言った神々の加護もレベル10にまで引き上がっているのです。

明らかに人外ですので、カインは能力を出来るだけ隠しながら活躍していくのも見どころの一つです。

 

第8位:約束のネバーランド

【あらすじ】

色々な孤児が集っている孤児院では身体能力が孤児よりも高いエマと言う女の子、知識が孤児よりも高いノーマンと言う男の子がいた。

2人は同じ孤児である子が里親に出されようとしていた時、孤児が落とした人形を渡しに向かった際にその孤児が食肉として出荷される事を知ったのだ。

やがて孤児が鬼と呼ばれる種族の元へと送られる事を知った2人は、これ以上孤児を犠牲にしないためにもレイ、ドン、ギルダを仲間にして孤児院からの脱出計画を練り始める。

【見どころ】

この作品の見どころは、子供達が食肉とされる運命と戦っていく事です。

エマ達は孤児ではあるもそれは表向きで、本当は鬼が食べるための食肉となる食用児なのです。

食肉になってしまう事は既に決定しており、どう足掻いても止める事が出来ない運命にあります。

しかし、これに承服出来なかったエマやノーマン達はこの定めを覆して全員で脱出するために孤児院を管理している女性達シスターと鬼達との戦いや駆け引きに身を投じる事になるのです。

 

第9位:ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

【あらすじ】

突如として銀座に門が現れ、中から怪物達が出てきて次々と人間達を始末していくだが、自衛隊等が駆けつけて激しい戦闘の末に追い返す事に成功したのだ。

門の奥にはまだ見ぬ資源がある事を知った政府は自衛隊を門の向こう側に進軍させ、向かってくる敵達を倒しながら資源を手に入れていくのだ。

その後、自衛隊は幾つかの偵察部隊を作り出すと伊丹耀司率いる第三偵察隊は資源よりも現地の人々との交流を中心に活動していくのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、日本や他の国々が資源を求めているという事です。

門が現れた国である日本は自衛隊を投入して資源を探させていますが、同時に各国からの干渉も受けている状況にあります。

アメリカは日本の味方ですが、向こうの世界の資源も欲しいので危険な資源集めは日本に丸投げをしています。

ロシアは資源大国である自国の威厳が無くなる事に懸念を抱き、門を破壊しようとしています。

中国は向こうの世界で第二の中国を作ろうとしているのです。

門の向こう側の世界での話もさながら各国がどのような思惑を抱いているのかも見どころの一つです。

 

第10位:オーバーロード

【あらすじ】

VRMMORPG「ユグドラシル」がサービス終了を迎え、ギルド「アインズ・ウール・ゴウン」のメンバーであるプレイヤーのモモンガはかつての仲間達との思い出に浸る。

しかし、終わったのにも関わらずログアウトは起こらず、NPC達が意思を持って動き出してしまったのだ。

モモンガはゲームの中のキャラクターとなってしまっていることに気付き、ナザリック大墳墓は、ユグドラシルに似た異なる世界に転移していた。

モモンガはアインズを名乗ると、仲間と共に異世界での行動を起こすのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、主人公であるアインズです。

彼はゲーム内では魔王と呼ばれており、基本的には人を始末したりせずに使えそうな者は生かしたりしていますが、場合によって多くの人々を始末する事も厭わない苛烈さも併せ持っています。

魔王と呼ばれているのにも関わらず、未知なる異世界では自分達は強者と思いつつも未知なる強敵とかがいるかもしれない可能性があるため、慎重に事を為そうとする慎重さも兼ねそろえているのです。

 

探偵系漫画ベスト10

第1位:ミステリと言う勿れ

【あらすじ】

どの世界にでもいるであろう天然パーマの青年である久能は、寒い冬の日にカレーを作っていた。

作っている中、突如として警察官が駆け付けて久能に人を始末したのではないかと容疑をかけてきたのだ。

間髪入れずに警察官は久能にとっては全くと言っていい程、身に覚えのないような証拠を突きつけていくのである。

全く覚えのない物的証拠を突きつけられた事で窮地に立たされる久能は脳をフル回転させる事で何とか切り抜けようとするのだった。

【見どころ】

この作品の見どころは、久能の頭脳です。

警察官とかに証拠を突きつけられたりしたら、余程度胸のある人でなければビビってしまう恐れがあります。

しかしながら、久能は臆する事無く抜群の頭脳で相手の言葉の矛盾を見抜いて、論破していくのです。

論破するとはいえ、相手をイラつかせたり責めたりするのではなく淡々と喋っていくのです。

所謂疑問に感じた事を相手にとって分かりやすい言い方やウンチクを相手を怒らさせずにかつ面白く明確に答えていくのです。

それをごく普通にやってのけるのは、久能の頭脳が優れている事に繋がります。

 

第2位:探偵ゼノと7つの殺人密室

【あらすじ】

物語の1年前、ゼノと言う男性は何者かによって重傷を負わされた際に記憶を失ってしまったのだ。

しかし、記憶を失った代わりに搬送された病院内で起こった事件を抜群の推理力で瞬く間に解決し、それからもエイラを助手としてから数多くの事件を解決する名探偵となったのである。

やがて彼は殺人の手助けや助言を行う建築家が残したとされる、例えどんな自分であろうと完璧なる完全犯罪を成し遂げる事が出来る殺人密室の謎に挑むのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、ゼノとエイラのコンビです。

ゼノは上記で述べたように数多くの事件を抜群の推理力で解決していきましたが、感情に乏しかったのです。

感情が乏しいのは時には敵に追い詰められながらも冷静でいられるが、時には無愛想に見られてしまいます。

助手のエイラは元々ゼノを始末しに来た殺し屋ですが、ゼノにその事を見抜かれて警察に突き出さない事を条件に助手になったのです。

殺し屋とは思えないくらい感情豊かであり、ゼノの足りない部分を補うのです。

このコンビはとても相性抜群ですので、コンビで事件を解決する姿が見どころなのです。

 

第3位:まったく最近の探偵ときたら

【あらすじ】

主人公である名雲桂一郎は自宅兼事務所である名雲探偵事務所の所長であり、探偵志望である真白と共に探偵業を営んでいるのである。

名雲は学英時代は天才的な名探偵で大人気だったのだが、今ではその影が見る影もないごくごく普通の探偵に成り下がってしまったのである。

おまけに昔の時代のやり方しか出来ず、今の時代の機器を使いこなせずにいるのだ。

それでも自分を頼って依頼してくる依頼人のために探偵として働いていくのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、アナログな探偵稼業をしている名雲です。

今のご時世はスマホを使ったり、JKと言った若者言葉を使っていたり、パソコンを使ったのホームページを作ったりして多くの依頼人に来てもらおうとしたりするものです。

しかし、おじさんな名雲はそれらの事を全くと言っていい程知らず、時代遅れなのでうだつが上がらない探偵へと成り下がってしまいます。

それでもデジタルでは出来ない捜索をしたりして解決したりしていくのです。

 

第4位:二科てすらは推理しない

【あらすじ】

ある日、電車に乗っていたサラリーマンである百地は満員電車の中、偶然女性に触ってしまったので、その女性から痴漢だと疑われてしまったのだ。

無論百地は無実ではあるのだが、誰もこの事に関わりたくないのかそれを証言しようとする者は名乗り出なかったのだ。

そんな中、女子高生の二科てすらが挙手して自分が証言すると名乗り出たのだ。

早速百道の疑いを晴らすために、本人曰く机上の空論とされている思考実験を始めようとするのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、女子高生とサラリーマンと言う異色のコンビとなります。

女子高生であるてすらは推理らしい推理をする事無く、物的証拠として思考実験をする事で犯人を当てたり、無実を晴らしたりするのです。

サラリーマンである百地は自らの冤罪を晴らしてくれたのと、女子高生と仲良くなりたい理由からてすらに関わるようになったのです。

この異色と言えるような凸凹コンビが事件を解決していく姿が見どころと言えるでしょう。

 

第5位:Q.E.D.iff ―証明終了―

【あらすじ】

MITの数学科を15歳で首席卒業しながら、研究機関への道を自ら辞した事がある想はごく普通の日本の高校へと編入したのだ。

彼はゲームセンターに来た際に、ちょっとしたトラブルを起こしてしまい、そこへ可奈と言う女子高生によって助けられたのである。

その後、可奈の友人が事件に巻き込まれた際に想がやって来て、瞬く間に事件を解決した事がきっかけで想は探偵となり、可奈は助手になったのである。

こうして2人の活躍が始まったのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、感情に乏しい想を可奈が見事に支えるコンビっぷりです。

想は探偵故に頭の切れ味は流石の一言ですが、人の気持ちを読み取るのは苦手なので、自分では正しい事を言っていても周囲には理解されず、それがコンプレックスを抱いていました。

しかし、明るく社交的な可奈が想のコンプレックスを見事に補う働きをするので想は彼女に全幅の信頼を置いているのです。

そして2人の仲の進展もこの作品の見どころの一つです。

 

第6位:パンダ探偵社

【あらすじ】

この世界では突如として人間がどんどん動物になってしまう変身病が蔓延していた。

しかもこの変身病は人間を少しずつ動物に変えていくだけではなく、人格すらも消し去ってしまう恐ろしいものだったのだ。

そんな中、変身病を中心とした探偵業を先輩の竹林と共に営む半田も変身病でパンダになったのである。

そんな彼らの元に5つの依頼が舞い込んできたので、2人はそれをこなすために動き出す。

果たして、パンダになった半田の運命はどうなるのか。

【見どころ】

この作品の見どころは、変身病によってパンダとなってしまった半田です。

彼は変身病関連の事件を取り扱っている探偵業を営んでいますが、彼自身も変身病にかかってしまってパンダとなってしまいました。

しかし、この状況でも竹林と共に依頼された事件に挑んでいました。

変身病は動物になってから人格すらも消えていってしまうものなので、パンダとなってしまった半田の人格は消えてしまうのか否かもこの作品の見どころの一つとなっているのです。

 

第7位:美食探偵 明智五郎

【あらすじ】

探偵事務所を営む明智五郎は美食家なのである。

そんなある日、女性から夫の浮気調査を依頼されて動くと、若い女性に会っている事を夫人に報告した。

しかし、夫人の夫が若い女性のアパート前で始末され、五郎は夫人が犯人なのを見抜くと彼女をレストランへ誘い、食事を楽しんだ。

やがて夫人は五郎の目の前で崖から飛び降りるも辛うじて生きており、名前をマリアに改めると五郎に再び会うために、犯罪者に手を貸すようになったのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、五郎とマリアによる戦いにあります。

五郎は探偵さながらに事件を解決に導く名探偵であり、美味しいものをこよなく愛する美食家でもあります。

対してマリアは夫を始末し、一度命を捨てるも生きており、料理に誘ってくれた五郎に今一度会うために犯罪者に手を貸したりしています。

『金田一少年の事件簿』で例えれば、五郎は金田一一、マリアは金田一の永遠のライバル的高遠のような立ち位置であり、五郎は犯人とだけでなくマリアとも戦っているのです。

 

第8位:名探偵コナン

【あらすじ】

高校生探偵である工藤新一は数多くの事件を解決していき、日本に名を轟かせる名探偵になったのである。

そんなある日、幼馴染の蘭と共に遊園地デートをしている際に起こった事件も瞬く間に解決に導くと黒ずくめの男達が怪しげな行動をしているのを見かけ、蘭から離れて後を追う。

しかし、彼らに気付かれており、殴られて意識朦朧の中で薬を飲まされると少年になっていたのだ。

新一は名前を江戸川コナンに改め、黒づくめの男達を捕まえる事を誓うのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、新一ことコナンが事件を解決していきながら黒づくめの組織を追う事です。

コナンは蘭の父親である小五郎の探偵事務所に厄介になり、普段は身の回りで起こった事件を推理し、自分の正体を知る阿笠の発明を使って小五郎を眠らせて犯人を暴いたりしています。

同時進行で元黒づくめの組織の一人で、薬の開発者である灰原と言った自分の正体を知る者達と黒づくめの組織を追っているのです。

蘭との恋の行方も見どころの一つです。

 

第9位:薬屋のひとりごと

【あらすじ】

猫猫は医師である養父の元で薬師として働いていたが、薬草を探している時に人攫いに連れ去らわれ、後宮の下女として働く事を余儀なくされてしまうのだ。

基本的には余り目立つ働きをせずに、無能な下女である事を演じきっていたのだが、寵姫の病気の原因が一体何なのかを見抜いたせいで一気に他の者達からの目に留まってしまったのだ。

そして彼女が持っている能力に一目置くようになった壬氏と共に、様々な事件に挑む事になったのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、猫猫の年齢とは思えないくらい大人びているところです。

彼女は17歳で、今のご時世なら高校2年生か3年生くらいになりますのでまだ子供と言える状態なのですが猫猫はかなり大人びているのです。

自分が真面目に働けば人攫いの送金が増えるので無能な振りをして増えないようにしたり、普段の顔だと襲われる可能性があったので化粧でわざと醜い顔にしたりしています。

壬氏との恋の行方も見どころの一つです。

 

第10位:金田一少年の事件簿

【あらすじ】

金田一一は運動神経が悪く、勉強もお世辞にもいいとは言えなかったが、家系は有名な名探偵である金田一耕助の孫であり、探偵としての能力は受け継がれているのです。

ある日、幼馴染の美雪や演劇部と共にオペラ座館へと赴き、合宿を行う事になったのだ。

そんな中、オペラ座の怪人に見立てた殺人事件が次々と引き起こしていき、金田一は持ち前の推理力で犯人を見抜いたのだ。

この事件がきっかけで、金田一は沢山の事件に立ち向かう事になったのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、主人公の金田一一です。

彼は上記でも言いましたが、運動神経や勉強がかなりと言っていい程悪く、おまけにサボったり寝坊したりと明らかに名探偵とは思えないくらいの駄目な高校生の見本みたいな存在でした。

しかし、推理は大の得意なのでIQ180の頭脳を誇り、パズルゲームと言ったゲームも得意としており、入学試験でもトップの成績を残して入学できたのです。

彼と美雪との恋の行方も見どころの一つです。

 

スポーツ系漫画ベスト10

第1位:プレイボール2

【あらすじ】

墨谷高校野球部キャプテンの谷口タカオは、春頃に練習試合をした甲子園常連である谷原高校に大敗してからその目を夏の大会に向けていた。

自分と松川だけで回す事が出来るのか、不安に感じていたのだ。

1年生のイガラシと井口はまだ経験不足だから使えるかどうかも分からなかったのでなおの事不安に感じていたのである。

しかし、現実的に1年生を使わざるを得ないので、谷口はイガラシと井口を呼んでどちらかを第三ピッチャーとして使うと宣言したのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、1年生の井口です。

墨谷高校野球部の1年生の中ではイガラシと同じくらい有望な選手なのではありますが、以前の中学ではお山の大将だったせいか先輩選手に余計な事を言ったり、今も軟式のボールを使ったりしているのです。

所謂未だに中学生気分が抜けきれておらず、高校球児になれていない状態にあるのです。

しかし、有望でありイキのある球を投げるのもまた事実ですので彼の成長も見どころとなっています。

 

第2位:メジャー2nd

【あらすじ】

メジャーリーグでは投手として活躍し、投手生命が断たれてからは打者として日本のプロ野球、そして台湾で野球をするようになった茂野吾郎。

その息子である大吾は野球の才能が余りなく、野球をやめてしまったのだ。

それからは色々な事をやるも長続きせず、やさぐれてしまうのである。

そんな中、吾郎の親友でライバルである佐藤寿也の息子である佐藤光が大吾の学校に転校してきてから大吾の野球復帰へのカウントダウンが始まったのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、大吾と光の有名な親の血を受け継ぐ少年達です。

大吾は上記でも言っていたように父親のように野球の才能が無く、三船リトルもやめてしまい、何をやっても長続きしない毎日を送っていました。

光は父親に似たのか様々な事を才能でこなしてきましたが、野球に関しては一切やった事が無かったのです。

大吾は光の影響から三船リトルに復帰して、キャッチャーを始める事になり、光も最初こそ下手だったが徐々にコツを掴むとメキメキと成長していきます。

この2人の成長が見どころとなっているのです。

 

第3位:エリアの騎士

【あらすじ】

逢沢駆は小学生の時から日本代表として活躍している兄である逢沢傑と共に何時か日本代表としてワールドカップでの優勝を夢見ていた。

しかし、練習中に選手を怪我させてしまった事がトラウマになり、中学生時代でもシュートが決まらなかった事から傑と同じチームでありながらマネージャーになっていたのだ。

それでもサッカーへの未練を残していたのだ。

そんなある日、小学校からの幼馴染でありアメリカへ行っていた筈の三島奈々が転校してから止まっていた駆の時間が動き出そうとしていたのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、駆です。

上記でも言いましたが彼は過去のトラウマもありつつ、偉大な兄の存在がプレッシャーになっていました。

そんな中、傑と共に登校中に車に轢かれてしまい、傑は即死し、駆も命を落とす寸前にまで至っていました。

その際、傑の心臓を移植する事で生き返ったのです。

兄を失ってしまった事のショックでサッカーを完全にやめる寸前にまで至りましたが、奈々から励ましの言葉を貰って何とか立ち直り、サッカーを続ける事を決めたのです。

そして様々な出来事に見舞われ、壁にぶつかりながらも立ち向かっていくのです。

 

第4位:ダイヤのA

【あらすじ】

赤城中学のエースだった沢村栄純は仲間達と共に中学制覇を目指していましたが、初戦で負けてしまったのだ。

しかし、偶々その際を見ていた青道高校の高島礼が沢村の資質を見抜き、彼を学校へと案内したのである。

青道野球部のレベルの高さに圧倒される沢村だったが、プロ入り確実とされている高校生の東が後輩に罵声を浴びせているのに激怒し、一触即発の状態になる。

そして一打席対決になり、その際に正捕手の御幸一也と組んで抑えた事から中学時代の仲間の後押しを受けて青道高校へと進学し、エースを目指す事になったのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、沢村の諦めない心です。

彼は青道高校野球部に入学したのだが初日に寝坊してしまい、心証が悪くなってしまった上に遠投テストでも本人に自覚がないクセのある球のせいで100mを投げられなかった事で投手を諦めろと言われるなど最悪のスタートを迎えてしまいます。

更に並みのキャッチャーでは捕る事が出来ないくらいの豪速球を投げる同級生の降谷の存在もプレッシャーになっていました。

しかし、それでも沢村は腐る事なく前を向いて努力を重ねる事で、皆からの信頼を得ていくのです。

 

第5位:黒子のバスケ

【あらすじ】

中学バスケ界には天才プレイヤーが5人おり、その者達はキセキの世代と評されるが彼らの中にもう1人いたのだ。

誠凛高校バスケ部は1年生だけのチームながらもインターハイ予選決勝まで行った実績があったのである。

そのバスケ部に小柄であり全く存在感が無さすぎる黒子と帰国子女である火神が入部してきたのである。

入部してきた黒子こそ、記録は実在してはいないものの天才5人が認める程の実力を誇るもう1人の選手である。

【見どころ】

この作品の見どころは、キセキの世代の成長です。

黒子はチームのためのプレーをし、自らも影に徹していたのですが、やがて得点を決める活躍もしていくのです。

残る5人は黒子と違って元々天才であったのですが、他の選手が自分達に追いつけていない、天才ゆえにすぐに出来るから熱中出来ない、他人を信じない等の理由から冷めていたり、やる気をなくしたり、相手を見下すようになっていたのです。

そんな彼らも黒子との試合等を通じてやる気を取り戻したりして、成長していくのです。

 

第6位:ダンス・ダンス・ダンスール

【あらすじ】

男子中学生の村尾潤平は幼い頃に見た男性バレエダンサーに憧れており、バレエダンサーに興味をも抱いていたのだが父親が命を落としたと同時にバレエダンサーを目指すのをやめたのである。

それからはジークンドーの練習に精を出していたのだが、それでもバレエダンサーへの想いを完全には断ち切れていない悶々とした日々を過ごしていたのである。

そんな中、五代都が村尾の学校に転校してきて、都は彼がバレエダンサーに興味を抱いているのを見抜くと、母親が営むバレエスタジオへと連れていくのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、バレエダンサーを目指したくても出来ない村尾の葛藤です。

上記でも言いましたが、彼は幼い頃からバレエダンサーに興味を抱いていましたが父親が命を落としたと同時に興味を抱くのをやめたのです。

それに父親はアクション映画の監督をしており、村尾には男らしさを求めていました。

それ故に村尾は父親の意志を汲んで男らしさを目指すのですが、バレエダンサーの事を諦めきれない事や男子がバレエダンサーになるための壁等と言った葛藤と戦っていくのです。

 

第7位:あひるの空

【あらすじ】

九頭龍高校に入学した空は、高校最初のバスケの大会で必ず優勝するという思いを胸にバスケ部へと入部しようとする。

だがバスケ部は不真面目な部員達の集まりとなっていたのだ。

しかし、空は何とかバスケ部をちゃんとした部活にしようと懸命に奔走する。

バスケに一途な彼の姿を見ていたバスケ部の面々も一人ずつ動き出していき、バスケ部らしくなり始めていったのだ。

それからも色々ありながらバスケ部は正式に始動していくのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、数多くのテーマが盛り込まれている事です。

この作品はスポーツ漫画でありギャグ漫画で、弱小バスケ部に所属している者達の成長を事細かに描いている作品となっています。

更に部活動でよくみられる部員達の喧嘩や不仲、練習についていけなくなったが故にやめたり、未成年でありながら煙草を吸おうとする光景を始め、部員達の授業の様子や恋愛、部員達の家族関係やトラウマ等も盛り込まれているのも見どころになっています。

 

第8位:はねバド

【あらすじ】

北小町高校バトミントン部のコーチになった立花は、厳しい練習をしたせいで多くの部員が去っていき、残る部員も反発していたので部は崩壊寸前だったのである。

部員集めに勤しむ立花は軽やかな動きと抜群の運動神経、バトミントンの経験がある綾乃と言う少女に出会う。

彼女を部に入れようとする立花だったは、彼女は入ろうとしなかったのだ。

しかし、キャプテンのなぎさとの勝負に負けて練習試合に参加させられ、留学生のコニーとの出会いが切っ掛けで正式に入部する事にしたのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、綾乃です。

立花が出会った時の綾乃は部活をしておらず、バトミントンを経験しているのにも関わらず入部を拒否していました。

元々彼女はバトミントンの天才プレイヤーで多くの選手に勝っていましたが、たった一度の敗北で指導をしてくれた母親と別れる事になります。

母親との再会を旨にバトミントンを続けていきますが、何時しか孤独感を感じ始め、身を引くのです。

復帰後も色々と悩んだりしていますが、仲間やライバルからの励ましを受けながら成長していくのです。

 

第9位:ハイキュー!!

【あらすじ】

日向は偶々見たテレビのバレーボール中継で、小柄ながらも活躍する小さな巨人の姿に憧れを抱いてバレーボールを始めた。

しかし、中学校に部は無い上に部員も集まらないので一人で練習をしたりしていくのである。

そして3年生になった時、何とか数を集める事に成功した日向は大会に出場するも天才セッターである影山が率いる北川第一中に負けてしまったのだ。

彼へのリベンジを誓った日向は烏野高校バレー部に入部するが、同じく影山も入部したのだった。

【見どころ】

この作品の見どころは、日向と影山の成長です。

日向は背丈が小さいながらも高い跳躍力と抜群の運動神経を兼ねそろえていましたが、ちゃんとした指導者とかがいなかったせいで基本的なプレーが未熟だったのです。

影山はどのプレーもそつなくこなせる天才ではありましたが、自他ともに厳しかったのでチームメイト達がついていけず、最終的に拒絶されてしまったのです。

最初の頃の2人は仲が良くありませんでしたが、徐々に弱点を克服し最高のコンビになっていくのです。

 

第10位:テニスの王子様

【あらすじ】

日本人ながらアメリカ出身の越前リョーマは、アメリカのテニスの大会で4連続優勝を決めてきたのだ。

それをお土産にアメリカから離れ、日本へと帰国したのである。

そしてテニスの名門である青春学園中等部に入学してテニス部に入部すると、過去の経歴から1年生ながらいきなりレギュラーとなったのだ。

そして仲間達と切磋琢磨して共に成長していくと、強豪校の選手やライバル達としのぎを削り合う戦いを繰り広げ、より成長していくのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、越前リョーマの才能の高さです。

彼はアメリカの大会で4連続で優勝した実績があり、日本での大会でも活躍していました。

それに相手選手が扱う必殺技をものの見事にものにしたり、相手の良さを引き出させずに戦う緻密なテニスを行う事があります。

多くのライバルと試合をしていく中で、過去に対戦した相手のプレーを無意識に反応して技を繰り出す無我の境地やその強化系を編み出していきます。

これらの事は全てリョーマに才能があるからこそ出来るのです。

 

お仕事系漫画ベスト10

第1位:御影くんは帰りたい!

【あらすじ】

広告関係の職場に就職しようと就職活動を行っていた御影は適当に探していると、うってつけの広告関係の職場が何とか見つけたのでその職場に就職する事を決意したのである。

そして何とか就職する事に成功したのだが、その職場はかなりと言っていい程のブラック企業だったのである。

それでも日々業務に励んでいく御影だったのだが、同僚に当たる小日向を始めとした個性豊かな先輩達によって散々振り回される日々を送る事になったのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、職場に就職した御影を散々に振り回す事になる同僚達です。

同期に当たる女性である小日向はかなりと言っていい程の明るさをしており、しかもポジティブな性格の持ち主でもあります。

上記の性格が良過ぎるせいなのか、御影から余り快く思っていないのです。

先輩にあたる遊馬は軽薄な性格の持ち主で、度々土下座をしている事で有名です。

同じく先輩である睦は、隠れアイドルオタクなのです。

これらの個性溢れる同僚達に御影は何度も振り回される羽目になるのです。

 

第2位:アイターン

【あらすじ】

中堅広告会社に16年もの間勤めている狛江は、今日この日も会社へと出社するのだった。

しかし、出世している同期である部長から九州のQ支店への転勤を命じられたのだ。

しかもその支店は支店長を含めた社員は3人しかなく、業績不振で近々閉鎖予定となっている場所なので狛江は事実上の左遷だと感じたのである。

しかし、部長から向こうでちゃんとした実績さえ残せれば自分の力で本店に復帰させてくれる事を知ると、転勤を受け入れて向かうのですが転勤先で何故かヤクザも兼任する事になったのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、狛江が家族のために頑張っているところです。

転勤先は今にも閉鎖寸前であり、しかもヤクザをも兼任する事になってしまったのです。

ヤクザをするくらいならやめればいいのだが、家族の存在がそれを止めさせています。

妻からも子供からも若干どうでもいい扱いを受けていますが、それでもローンや子供の受験の事を考えれば、止めることは出来ず、ただただひたすらに働くしかないのです。

それ故に狛江は懸命に頑張っているのです。

 

第3位:王様達のヴァイキング

【あらすじ】

あと少しで廃店となるビデオ屋でアルバイトをしている是枝は、会社を20億円で売却して投資家になった坂井と出会ったのだ。

是枝はおどおどしており、しかも不器用故に多くのアルバイトを即刻クビになっている男性なのだが、その反面天才ハッカーの異名を持ち、主に消費者金融会社へサイバーテロを繰り返していたのである。

坂井はそんな是枝を自身が立ち上げたヘッジホッグに誘い、持ち前の実力を生かして活躍していき、才能を開花させていくのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、成長していく是枝です。

上記でも言いましたが、彼はとても不器用なので多くのアルバイトをあっという間にクビになっていきましたが、それと同時に人付き合いも良くありませんので、それ故に社会不適合者とされていました。

しかし、彼には天才ハッカーという裏の顔がありました。

そしてそんな彼に目を付けた坂井は是枝を雇うと、彼は坂井の会社で自らの持つ能力をフル回転させていき、どんどん成長していくのです。

 

第4位:宇宙兄弟

【あらすじ】

UFOを見かけた南波六太と日々人は、お互い将来の夢は宇宙飛行士になろうと誓い合った。

それから数十年の月日が経ち、日々人は自らの夢を叶えるために邁進した結果無事に夢を叶える事に成功したのだが六太は何故か無難に大学へと進学し、卒業後は普通に就職した。

しかし、弟を馬鹿にした上司に暴力を振るった六太は会社をクビになり、しかもこの事が大々的に広まってしまっていたので完全に無職になったのだ。

そんな中、宇宙飛行士選抜の書類が送られた事から、弟の意を汲んだ彼は一度は捨ててしまった夢を叶えるために頑張る事を決意したのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、六太と日々人が非常に兄弟思いなところです。

六太はかなりと言っていい程の細かい事を気にし、現実的な一面を持っています。

対して日々人は大雑把な性格で細かい事を嫌い、どんな事にもどんな目標にも一直線に突き進んでいく一面があるです。

そんな性格が真逆の2人ですが、唯一の共通点はお互いがお互いに思いあっている事なのです。

日々人は六太に宇宙飛行士になってほしくて書類を出し、六太は彼の想いを汲んだのです。

 

第5位:不機嫌なモノノケ庵

【あらすじ】

戻橋高等学校に通う事になった芦谷は、幽霊や妖怪と言った類のものを全くと言っていい程信じてはいなかったのである。

そんなある日、彼はモジャモジャの妖怪に憑りつかれてしまい、その影響で体調不良になっていき、保健室で寝込んでしまって授業に参加できなくなる程だった。

困り果てた彼は偶々妖怪祓い屋と書いている張り紙を見つけたので、藁にも縋る思いでそこへお向かうと、主である安倍と出会うのである。

この日から芦谷は安倍を通じて色々な妖怪と交流を深めるのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、数多く登場する妖怪です。

芦谷に憑りついたモジャを始め、狐と人間と自由自在に変化できるヤヒコと現世にいる妖怪もいれば、物怪庵から隠世へと向かえば更に多くの妖怪が暮らしています。

妖怪の容姿もそれぞれで、地蔵の姿だったり、獣人だったり、うなぎだったりと多種多様となっているのです。

それにどの妖怪も基本的には誰にでも優しく親身になって接してくれるので、余程でなければ人間を襲うなんて事はしないのです。

 

第6位:今どきの若いモンは

【あらすじ】

新入社員として会社に就職した麦田と言う女性社員は、懸命に頑張っていましたが新人ゆえのミスを色々としてしまうのだ。

そんな彼女の上司は「今どきの若いモンは」が口癖であり、顔は少々怖い雰囲気を醸し出している石沢課長なのだ。

多くの先輩が居残って仕事をしているから、帰りたくても帰れない麦田に石沢はいつもの口癖を言い始めたのだ。

昔はこうだったと言うんじゃないかと思う麦田の思いとは裏腹に、石沢は若いモンは真面目過ぎるからと、後はやっておくから帰るように言ったのである。

この時から麦田の中で、石沢に対する印象が変わり始めようとしていたのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、石沢課長の麦田達部下にかけていく優しい言葉です。

見た目はかなり強面な雰囲気をしていて、如何にも課長っぽい人物であり、しかも「今どきの若いモンは」が口癖としているので昔はこうだったんだぞと後輩達に言いそうな感じなのです。

しかし、今の時代に合わせているのか部下達を思いやりのある言葉をかけたり、フォローしたりするまさに理想の上司なのです。

それ故に彼に優しい言葉をかけられた部下達は見事に惚れてしまうのです。

 

第7位:りゅうおうのおしごと!

【あらすじ】

九頭竜八一は16歳で「竜王」を奪取する事に成功するも、その後は極度のスランプになったのだ。

意気消沈の彼の元に現れたのは、「竜王」戦の際に交わした約束を果たすために弟子になりに来た小学生の雛鶴あいである。

八一は弟子を取る気は無かったが、将棋を指してみて彼女がかなりの才能がある事を知ると弟子を取る事にしたのだ。

あいを指導をするうちに、八一もまた彼女の将棋に対する熱に感化されるようになっていったのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、ヒロインである女子小学生のあいです。

彼女は八一をテレビで見た事で完全に将棋に興味を抱き、やがて将棋に打ち込んでいくようになりました。

その結果、『将棋図巧』の将棋を全て解くほどの類まれな才能を発揮するも、両親が反対したので単身八一の元へと行くという諦めない姿勢と胆力が備わっています。

結果、将棋が出来るようになると早速その才能を存分に生かし、八一にも影響を与えていく事になります。

 

第8位:ランウェイで笑って

【あらすじ】

藤戸千雪はモデルになってパリ・コレクションに出ようとしていたのだが、身長が高くないせいで中々事務所に入る事が出来なかったのである。

千雪は育人がファッションデザイナーを目指している事を知ると、彼に服を作るように頼み、彼は了承して作ってくれた事で彼女は無事に事務所に入る事が出来たのだ。

そして育人も家が貧乏なのを理由に夢を諦めようとしていましたが、彼の才能を勿体無いと思ったミルネージュの社長に見いだされ、柳田の下で働く事になったのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、千雪と育人です。

上記でも言いましたが、千雪は身長が低いせいで中々事務所が決まらず、決まった後も身長のせいで色々苦労するのです。

育人もデザイナーとしての才能はかなりあったのだが、家が貧乏であり、金銭面が苦しく、それに妹達も気がかりだったのでその辺がネックとなっていました。

そんなマイナス面を抱えている2人ですが、それでも自らの夢のために邁進していくのが見どころとなっているのです。

 

第9位:銀の匙 Silver spoon

【あらすじ】

中学受験に失敗した勇吾は学力競争や怖い父親から何としても逃れるために恩師の協力を得て、寮がある農業高校へと進学する事にしたのだ。

西川と別府と相部屋になった勇吾は、偶々馬を探すアキを見かけて恋をしてしまったのである。

学校には強い個性を持つ生徒達が沢山集められており、彼らはそれぞれの夢を持っていたのに対し、勇吾は何の夢も持っていなかったのである。

勇吾は学校で何らかの夢を持つために奮闘していくのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、勇吾です。

彼はこれまで有名な学校に通っていましたが、受験で失敗した際に家族に対するコンプレックス等から逃げるように農業学校へ進学したのです。

進学したのはいいものの、特に何かをやりたいと言う思いを持って進学したわけではありませんでしたので、どうすればいいのかと悩みます。

そして想い人のアキが入部している馬術部に入部しつつ夢を探し、かなりと言っていい程の確執がある家族との和解をしていくのです。

 

第10位:綺麗にしてもらますか

【あらすじ】

舞台は温泉が湧き出る海辺の街である熱海。

その熱海で小さなクリーニング店「キンメクリーニング」を営んでいる金目綿花奈は、何らかの理由で二年より前の記憶が存在しないのである。

しかし、本当に記憶喪失なのかと言わんばかりに明るくて働き者で温泉が大好きな女性で、あなたのお洋服、金目にお任せ下さいと言わんばかりに服をクリーニングしているのである。

常連の人妻である矢柄、近所の男子高生の石持、小学生の那色と言って人々と関わりながら仕事をしていくのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、記憶喪失になっている金目です。

上記でも言いましたが、彼女は2年前に何かが切っ掛けで記憶を失ってしまい、それ以降はクリーニング屋で多くの人々と関わりながら仕事をしています。

ちゃんと仕事をしているが故に多くの人と親しくなり、お祭りに一緒に行ったりしているのです。

特に温泉が大好きで、隙を見つけては温泉に浸かるのです。

勿論、仕事も丁寧にこなしていき、その中で2年前の事を思い出していくのも見どころになっています。

 

少女・女性向け漫画50選

続いて少女・女性向け漫画50選です。

以下の5ジャンルそれぞれでベスト10の作品を、あらすじと見どころを交えてご紹介していきたいと思います。

  • 恋愛系漫画
  • 学校系漫画
  • ギャグ系漫画
  • スポーツ系漫画
  • エロ恋愛系漫画

恋愛系漫画ベスト10

第1位:青野くんに触りたいから死にたい

【あらすじ】

女子高生の刈谷はお隣のクラスである青野が大好きになり、重いっ切って告白して正式に恋人となったのだ。

しかし、その2週間後に青野は交通事故に遭ってしまい、若くしてその命を散らせてしまったのである。

この事を知って悲しんで刈谷はすぐにでも彼の後を追おうとするも、幽霊になった青野に止められたのだ。

そして青野は刈谷に憑依しようとしたら、別人格を発現してしまい、友人の藤本に憑依して人を傷つけてしまうのである。

そして2人と知人の堀江と共に青野の事を調べようとするのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、刈谷が一途に青野を想い続けている事です。

本来なら恋人が命を落としたのなら、刈谷の年齢なら別の男性と付き合うような事になってもおかしくはありません。

それにかなりの高齢になっているのなら兎も角、刈谷の年齢なら普通に別の人と付き合う事になっても問題ではないのです。

しかし、刈谷は一番最初に好きになり、一時的に付き合っていた青野の事を一途に想っているので、多くの人達から好感を得ているのです。

 

第2位:あなたがしてくれなくても

【あらすじ】

吉野みちというOLは今の夫と結婚して特に問題のない幸せな生活を送っていたのである。

しかし、唯一一言言わせて貰えれば、夫との行為が全くと言っていい程していないのである。

この事に非常に悩む彼女に会社の先輩である新名が近づいてきて、一緒に酒を飲むことになったのだ。

吉野はお酒の勢いを借りて、自分は夫との行為が上手くいっていないと新名に言ってしまったのである。

その話を聞いた新名は驚きながらも自分もそうだと告白した。

【見どころ】

この作品の見どころは、この作品で取り扱われている行為に関しての事をリアルにかつ柔らかく描かれているのです。

行為に関して悩む夫婦は現実に実在しており、当の本人達は不安や不満が溜まっているのだがそれを相手に伝える事が出来ずにいるのです。

それに今は夫婦揃って働きに行く時代になっておりますので、仕事疲れからもあってどちらかが拒否したりしてどんどん仲が冷めていくのです。

そう言う夫婦の問題を柔らかく描かれているのがこの作品の見どころなのです。

 

第3位:スキップ・ビート!

【あらすじ】

最上キョーコは幼稚園の頃から好意を抱いてきて、ミュージシャンを目指す尚のために、アルバイトをしてお金を稼いでいたのである。

しかし、最上をお手伝いさん程度にしか見ていなかった尚は人気者になってきたので遂に彼女を捨ててしまうのだ。

この事に怒りと復讐心を抱いた最上は芸能界へ入るために、オーディションを受けたのだが愛する心が尚に捨てられた事で欠如していたので受からなかったのである。

しかし、そんな彼女をLMEの社長・ローリィ宝田は彼女を採用してラブミー部に入れたのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、最上の心境の変化です。

尚に捨てられた経緯から、恋愛や愛情を否定し、あくまで尚への復讐心から芸能界の世界へと足を踏み入れたのです。

その心はラブミー部に所属し、先輩にあたる蓮から意地悪を受けても変化はありませんでした。

しかし、徐々に芝居をしていくうちに復讐心が徐々に薄れ、邪の心が完全に消え去って純粋な演技が出来るようになり、最終的には多くの俳優達や監督達が興味を抱くほどの演技力を発揮し始めていくのです。

 

第4位:ヲタクに恋は難しい

【あらすじ】

桃瀬成海は同じ会社で働いていた男性社員と恋愛をしていたのだが、その男性社員に腐女子なのがバレてしまったので、彼と別れる事になり、同時に居づらくなった会社も辞めてしまったのである。

すぐに別の会社に転職した桃瀬はその会社で幼馴染の宏嵩と偶然再会したのだ。

桃瀬と宏嵩は幼馴染であると同時に、お互いの趣味を隠すことなく話すことが出来るヲタク仲間なのである。

ある夜、宏嵩は彼女に自分達が恋人として付き合う事のメリットを述べ、納得した彼女は彼と付き合う事になったのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、ヲタク同士の恋愛にあります。

普通の人同士のお付き合いならまだしも、世の中にはヲタクと呼ばれる存在に抵抗感を抱く人は大勢おり、桃瀬が付き合っていた男性もヲタクを生理的に受け付けなかったのです。

しかし、ヲタク同士であるならば共通の趣味がありますので何の問題もなく付き合う事が出来るのです。

この作品では桃瀬と宏嵩のカップルが距離の取り方等で色々と問題があったのですが徐々に克服し、カップルらしくなっていくのです。

 

第5位:久住くん、空気読めてますか?

【あらすじ】

主人公の佐倉えりかは現在通っている学校では、多くの男性の憧れの的、高根の花状態となるほどの人気ぶりを誇っている。

しかしながら彼女は多くの男性を見向きもせず、成績は抜群ではあるものの地味で目立たない久住の事しか見ていなかったのである。

何を考えているのか全くと言っていい程分からない彼の言動に振り回される彼女なのであるのだが、それでも目を離すことが出来ず、より一層彼の事が気になる存在となっていくのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、久住にしか興味を持たず、時には彼の言動に困惑させられる佐倉です。

彼女の容姿ならイケメンの男子生徒と付き合っていてもおかしくなく、寧ろ地味である久住にしか興味を抱けず、常に目で追っているような状態であるのです。

しかも久住は無口でマイペース、何を考えているのかが分からないので佐倉は大分と言っていいほど困ってしまうのです。

そんな彼を相手に、佐倉が自分の想いを伝える事が出来るのかも見どころとなっているのです。

 

第6位:自転車屋さんの高橋くん

【あらすじ】

ある会社で働いているOLである飯野朋子30歳は、上司からセクハラなのかそうなのかが分からない微妙なセクハラを受けており、それに同僚の誘いを断り切れない優柔不断な性格が悩みとなっているのだ。

そんな彼女の近くにある自転車屋さんでは、ヤンキーである高橋が働いていたのである。

朋子から見て高橋は距離が近く、結構強引に来るのだが割かし嫌ではなかったのである。

それに彼になら自分が抱えている不安を一つ残らず話せるのである。

これは年下ヤンキーとアラサーOLのラブストーリーなのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、一見交わりそうにないヤンキーとOLのラブストーリーです。

ヤンキーは不良みたいなものですし、普通の人もそうですが女性も普通は近づいたりはしない存在なのであります。

しかし、高橋はヤンキーでありながらも心優しい一面があるのです。

そんな彼だからこそ、上司からの嫌がらせや同僚からの誘いを断れない朋子にとっては高橋とは気軽に本音を話せるかけがえのない存在となっているのであります。

それ故にラブストーリーが成立しているのです。

 

第7位:覆面系ノイズ

【あらすじ】

歌を歌う事を誰よりも好んでいるニノは、初恋の相手であるモモと由比ヶ浜で出会って曲を作ってくれたユズと別れる経験をする。

ニノは2人が歌を通じて自分を見つけるという約束を信じながら由比ヶ浜でずっと歌い続けてきたのである。

その成果が出たのか、高校へと進学した際にユズと再会する事が出来たのである。

そして彼女はユズの所属するバンドのボーカルに誘われ、元々持っている歌声に磨きをかけていくのである。

また、モモは作曲家としての活躍していたのだが、曲を金に変えていたので後ろめたさがあってニノから距離を取っていたのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、一度は離れ離れになった3人が再び交わろうとしている事です。

昔にそれぞれの都合で別れる事になった3人ですが、それでもユズとモモはニノの歌声を聞いて集まろうと硬く誓い合っており、ニノもまたその約束を信じて歌い続けていたのです。

その甲斐があったのか、ニノはユズと再会して彼のバンドにボーカルとして加わる事になり、モモはユズと同じ高校に通いながら作曲家として活躍していました。

離れ離れになったのにこうして集うのはまさに奇跡であり、交わろうとしている証と言っても過言ではないでしょう。

 

第8位:彼と恋なんて

【あらすじ】

2年間もの男性と付き合っていた美久だったが、彼氏が別の女性と浮気をしていたので激怒した彼女は速攻で別れたのである。

苛立ちが収まらない美久は偶々見つけたイケメン男子である光を逆ナンパすると、あっさりOKとなったと共にあれよあれよとホテルに入ったのである。

そして苛立ちから解けた美久はすぐさまホテルから急いで立ち去っていったのだ。

その後、友達と一緒にカフェバーへと足を踏み入れるとそこで働いている光と再会したのである。

ここから2人の運命が大きく動き出す。

【見どころ】

この作品の見どころは、2人の恋の行方です。

美久は成り行きから光を逆ナンパしてホテルへと向かうも、我に返った彼女はすぐ様逃げ出し、カフェバーで再開するのです。

やがて美久は本当に光の事が好きになってしまい、散々迷った挙句彼と正式に付き合う事になったのです。

それからはマンションが一緒になったり、美久が不用心な行動をして光を怒らせてしまったり、それぞれの夢に向かっていく中ですれ違いが起こったりと色々な事が起こりますがそれをどう乗り越えていくかが見どころとなっているのです。

 

第9位:ホリミヤ

【あらすじ】

ある学校では2人の男女がいた。

男の宮村は学校内では比較的に目立たず根暗で眼鏡をかけているのだが、実はピアスを装備している美形男子なのである。

女の堀は学校内では派手な雰囲気を醸し出しているも、実は地味で家庭的な女性なのである。

そんな2人はお互いの秘密を共有した事が切っ掛けとなり、徐々に距離を詰めていき、遂にはちゃんと付き合う事になっていくのである。

その後は色々ありながらより一層距離を詰めて、仲良くなっていくのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、2人の恋の行方です。

最初の頃は2人ともお互いが抱えている秘密を内緒にして共有していくだけの関係でしたが、そうしているうちに恋愛対象になっていくのです。

やがてお互い両想いとなり、正式に付き合っていく事になるのです。

そして恋人らしい行動を段々とっていく事になっていくのです。

楽しい学校生活も終わりに近づく中、一体2人の関係はこれからどうなっていくのかも見どころの一つとなっているのです。

 

第10位:私の百合はお仕事です!

【あらすじ】

女子高校生の白木陽芽は、誰からにでも完全に愛されて好かれるようにするために様々な事をして、そうなるように振舞ってきたのである。

そんな彼女はある事情からお嬢様クラスの女子高校生が働いているお店である「カフェ・リーベ女学園」で、働く事になったのだ。

このお店では女子高校生が従業員になって仕事を行うサロンであり、白木も従業員として働き始めると共に先輩である美月に対してかなり気軽にお姉様と呼んでしまうのだった。

【見どころ】

この作品の見どころは、タイトル通り百合なのです。

本来女性は男性とお付き合いして結婚していくものなのですが、百合とは女性と女性と言う同性同士が愛し合うと言う意味を秘めた言葉なのです。

白木は従業員として働いているサロンで出会った美月を一目見てお姉様と呼び、本来なら先輩に馴れ馴れしいと怒られますが美月は彼女の言葉を受け入れ、契りを交わしたのです。

そこから2人は働いている間だけお互いに愛し合う関係となっていきます。

 

学校系漫画ベスト10

第1位:青のオーケストラ

【あらすじ】

ある事情からヴァイオリンをやめて、ずっと続けていた音楽からも身を引いていた青野はまるで抜け殻のように気が抜けた生活をしていたのである。

そんな彼は武田先生の策略によって音楽室でヴァイオリンを練習している秋音と出会ったのだ。

彼女は先生が所属していたオーケストラ部に入部するためにずっとヴァイオリンを練習していたのである。

彼女との出会いをきっかけに、音楽から身を引いていた青野の中で止まっている時間が動き始めるのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、音楽と登場人物になります。

音楽はこの作品にとっては必要不可欠な要素であり、読んでいくとまるで音楽の音色や旋律が耳の中に入りこんでくるんじゃないかと、まるで漫画の世界に入りこんでいるんじゃないかと思う程です。

そして登場人物達も見どころの一つです。

この漫画に出てくる登場人物達は色々な悩みを抱えて過ごしているのですが、そのまま放置せずに何とか解決しようと試行錯誤しながらも解決していくのです。

 

第2位:テリトリーMの住人

【あらすじ】

高校1年生の奥西は、両親の離婚をきっかけに、母の地元である銀鼠町に引っ越してくるも、転校して早々に人の男を奪ったと言うあらぬ疑いをかけられてしまう。

それによっていじめを受けてしまうも、同じクラスの駒井によって助けられたのである。

しかし奥西は、その事も含めてこの町で暮らすのは無理だと思い始めていたのだが、奥西と同じマンションに住んでいる駒井を始めとした住民達と打ち解けていき、元気になった行くのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、奥西です。

彼女は親の都合で元々住んでいた町から、この作品の舞台となっている銀鼠町へと引っ越していきました。

しかし、転校してから人の彼氏を奪ったと言う誤解を受けていじめられていましたが、駒井との出会いをきっかけに少しずつこの町で過ごそうと思うようになっていくのです。

そして駒井と親しい男子達とも仲良くなっていくのです。

恋愛自体はそれ程興味はなかったのですが、ある日を境に興味を抱き始めていきますのでそれも見どころの一つです。

 

第3位:僕に花のメランコリー

【あらすじ】

高校2年生の雨宮花は、偶然不良同士の喧嘩に巻き込まれるのである。

喧嘩をしていた一人の男性は、とても乱暴で荒れている様子でしたが幼馴染の弓弦だった事に気付いたのだ。

花にとって弓弦は初恋の相手だったので、偶然とはいえこのような形で再開した事に心が揺れていたのである。

かなり荒れている彼の様子を見て、もうほっとく事は出来ないと思った花は彼の傍にいようと決意し、弓弦もまたそんな花に心を開こうとしていたのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、花と弓弦の恋の行方です。

花は彼の事を以前から好きでしたが、離れ離れとなって長い時を経て偶然再会したのです。

弓弦は彼女と離れている間、かなり荒んでいました。

再会してからの2人はお互いに寄り添い、時には彼の事を知っているルカと言う女性との三角関係にもなりましたが、色々あって付き合う事になっていたのです。

付き合っていく中で、少しずつ弓弦がどうして荒れてしまっていたのかが明らかになっていきますので、それも見どころの一つです。

 

第4位:私がモテてどうするんだ

【あらすじ】

高校生である芹沼花依は、男同士が仲良くしているのを自分の目で見る事で自らの脳内で妄想するのが大好きな肥満腐女子だったのである。

そんなある日、大好きなアニメキャラクターが命を落としてしまった事への衝撃によって1週間断食して部屋に引きこもっていたのである。

しかし、それが功を奏したのか激やせしてかなりと言っていい程の美少女へと変貌を遂げ、同じ高校の4人の男子生徒から好意を寄せられる事になったのだ。

幾ら痩せて美少女になった芹沼だが、腐女子である事には変わりないので何とか真っ当な恋愛を目指して頑張るのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、芹沼の体質です。

上記でも言いましたが、彼女は当初はかなり太っており、好きなアニメキャラクターが命を落とした事がきっかけで激やせして、美しい美少女へと変貌しました。

しかし、見事に痩せた彼女ですが実は太りやすい体質にもあったのです。

それ故に油断していたら太ってしまっている事もしばしばありました。

しかし、太りやすくもあり、痩せやすくもあったので太ってしまってもすぐさま痩せる事が出来るのです。

一度痩せてまた太るパターンは滅多にありませんが、芹沼はそれを繰り返す稀な人物なのです。

 

第5位:カードキャプターさくら

【あらすじ】

木之本桜はある日、書庫で見つけた摩訶不思議な本を開いてみると中からケルベロスが出てきたのだ。

桜が読んだ本の中には彼の他にもクロウ・カードと呼ばれるカードが収納されており、全てのカードは町中に飛び散ってしまったのである。

クロウ・カードの封印が解けてしまうと、この世が危険に晒してしまう程の危険性を秘めていたのだ。

クロウ・カードを回収するために桜はケルベロスを始めとした仲間達と共にカードを回収しに行くのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、小学生の桜が世界の命運を賭けて戦っていく事にあります。

上記でも言いましたが、クロウ・カードは封印が解けると災いを呼ぶほどに危険なカードで下手すれば地球に影響を及ぼすほどです。

桜は小学生の身でありながら何とかカードを集めていきますが、全て集めると守護者とカードの主になるための戦いに挑んでいきます。

自分が負ければこの世の災いが地球で起こってしまうので、桜は懸命に戦っていくのです。

 

第6位:まどぎわの青い春

【あらすじ】

いつも気怠くて、怠い雰囲気を醸し出している高校2年生は山田幸はいつも幼馴染の瀬野楓に好意を寄せており、そんな彼女の様子をずっと見ていたのである。

今日も彼女をずっと見ていた彼を同級生の戸田と赤間が揃いも揃ってイジッて揶揄っていたのだ。

しかしながら、山田を揶揄っているそんな2人にも片思いをしている相手が存在していたのである。

そんな彼らの好きな気持ちがすれ違う、それぞれの青春の1ページがスタートしたのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、2組の男女がメインとなっていくのです。

1組目はメインとなる山田と楓です。

山田と楓は幼馴染であり、山田は彼女に対してずっと行為を抱いていたのです。

少しでも距離を縮めようとする山田は楓を夏祭りに誘う等の事をしていました。

2組目は山田の友人である戸田と赤間なのです。

2人は楓の事をずっと思っている山田を揶揄いながらも2人はお互いに片思いをしていたのです。

山田が楓と夏祭りに行くことを知った赤間は、戸田に行くように行ったのです。

この2人が見事にカップルになれるのかが、見どころとなっています。

 

第7位:笑う大天使

【あらすじ】

お嬢様学校である聖ミカエル学園に司城史緒、斉木和音、更科柚子は自らの本性を隠しながら学園生活を送っていた。

しかし、ある事件の際に互いの本性がばれてしまったのだが、3人とも親近感を覚える結果となったので仲のよい友達となったのである。

そんなある日、遊び半分で作った薬が切っ掛けで超人的な怪力を手に入れる事になったのである。

その頃、名門女子高校生連続誘拐事件が起こっていたので、3人は誘拐事件を解決しに向かうのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、3人ともお嬢様学校に通いながらも庶民的な一面を持っているところです。

彼女は出生の事もあって庶民の血を引いているのです。

史緒は母親が庶民の生まれで、華族出身の父親との間に生まれた子供なのです。

和音はグループ会社の社長の令嬢なのではありますが、社長が庶民なので彼女は父親の血を色濃く受け継いでいたのです。

柚子はごく普通の親の元で生まれ、両親が小さな食堂で働いていたのですが次第に一大レストランとなって、何時の間にか令嬢となっていたのです。

それ故に3人は過去を隠して過ごしており、それがバレた時には親近感を抱いて仲良くなったのです。

 

第8位:極上!!めちゃモテ委員会

【あらすじ】

ある出来事を切っ掛けに、ストイックな程に完璧なクラス委員長へと変貌した北神未海。

そんな彼女は多くの女子にモテている東條潮に片思いをしており、隙を見て告白しようとしているのだが、邪魔者が入って中々出来ずにいたのである。

北神はいずれ告白しようと思いつつ、多くの悩みを抱えている生徒達に対してはクラス委員長らしく完璧な対応と助言で瞬く間に解決していくのである。

これはそんな彼女が送る青春学園ストーリーなのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、北神の変貌ぶりです。

彼女は最初から完璧なクラス委員長キャラではなく、高校進学前は伝説の不良して恐れられていました。

そして好きな人に告白した際に、委員長のような真面目な人じゃないと無理だと言われたのでそこから懸命に努力をした結果、今のような人物になっていったのです。

これは例えアウトローだった人でも、ちゃんと真面目に努力をしていけばちゃんとした人間になれるのだと示しているのでしょう。

 

第9位:君に届け

【あらすじ】

爽子は見た目がかなり暗くて陰気な顔立ちと雰囲気を醸し出しているせいで、多くの人々から怖がられたり、謝られたりする日々を送っていたのである。

そんな彼女はこんな自分を怖がったりすることなく普通に接してくれる風早に非常に憧れを抱き始めていたのである。

彼の言葉を切っ掛けに彼女は今の自分を変えようと努力し始めていき、彼と席が隣になってから色んな人と話せるようになったのだ。

やがて風早に対する感情が憧れから好意へと変わっていくのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、爽子の気持ちの変化にあります。

上記でも言いましたが、彼女は最初の頃は雰囲気がとても暗くて多くの人達から怖がられていました。

しかし、風早だけは怖がらずに接してくれたので爽子にとって彼は憧れの存在になり、そこから色々な努力をしてきて普通に多くの人達と話せるようになってきたのです。

そして風早の事が好きなくるみという女性が現れてから、彼女の風早に対する思いが憧れから特別な存在へと変化していったのです。

彼女の思いが成就するのかも見どころの一つです。

 

第10位:ささやくように恋を唄う

【あらすじ】

高校入学初日、木野ひまりは新入生歓迎会で偶々見かけた先輩である朝凪依相手に見事に一目惚れしたのである。

この想いがすぐに風化しないようにするためにひまりは自らの気持ちを依にぶつけたのだが、彼女はひまりの思いを恋心と盛大に勘違いしたのだ。

ひまりの可愛さに依もまた彼女同様に見事に一目惚れしたのだが、すぐにひまりの思いが好意では無い事を見抜いたのである。

しかし、何としても彼女を惚れさせようと決断したのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、見事にすれ違っている2人の思いです。

ひまりは初めて会った依に対して演奏をする彼女に一目惚れしたのだと彼女に伝えたのですが、依はひまりが言う一目惚れは好きになったというほうなのだと勘違いしたのです。

しかし、すぐにそうではない事に気づきますが依の恋心は止まることな何としてでも自分に惚れさせようとしていました。

そんな事を知る由もないひまりはひまりで、自らの見た目や言動によって依を更に惚れさせているのです。

 

ギャグ系漫画ベスト10

第1位:生き抜け暴走クソハムちゃん

【あらすじ】

ある日、地球に隕石が落下して地面に衝突すると地面からハムスターによく似た生物達が現れたのである。

彼らは遊んでいたら黒い穴に入りこんだせいで、地球へと飛ばされたのである。

穴を探しているうちに多くの仲間達は帰り方を探すのに飽きて地球に住む事にし、残り1匹になったクソハムは人間界の美味しいご飯を求めて動き出したのだ。

そんな見た目はハムスターらしく可愛いらしいのに、性格は余りよくないクソハムが他の動物のご飯を食べたり、人よりも多くのご飯を食べたりするなどやりたい放題する物語なのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、食について色々と厳しいクソハムです。

彼は地球に落下してから帰る方法を探していましたが空腹には勝てず、一時的に一緒に行動していたリスからどんぐりを貰いましたが、不味かったので食べられません。

やがて自分達を見かけた子供が美味しそうなご飯をあげようとしてくれましたが、親にあげちゃ駄目だと言われたので食べそこないます。

しかし、諦めきれないクソハムは人間のご飯を食べようと動き出し、美味しく食べていくのです。

その代わり、本来ハムスターが食べるご飯は好まない等食には厳しいのです。

 

第2位:偽装結婚?

【あらすじ】

アラサーで失恋をしてしまった女性であるミウの元に、幼馴染の男性であるコウが現れたのである。

ミウは彼とは幼馴染の関係なのではあるのだが、幼い頃の彼に色々と馬鹿にされてきたのでかなり大嫌いだったのである。

そんな2人はそれぞれの事情で偽装結婚をし、一緒に暮らしていくうちにミウは段々この生活も悪くないなと思い始めていたのだ。

しかも俺様な一面があるコウが偶に優しくしたり、気を遣ったりし、それにおでこにキスまでしてくるのでドキドキし始めてきたのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、ミウの感情の変化になっています。

彼女はコウと偽装結婚をするまではアラサーになっておきながら彼氏と別れる事になっていました。

コウの事は幼い頃に馬鹿にされ続けてきた経緯から非常に大嫌いだったのです。

しかし、一緒に暮らしていくうちに俺様な性格ながらも優しくしてくれるという意外な一面が見れたりしてきたのでドキドキし、やがて嫌いと言う感情が徐々に薄れていき、恋心へと変わっていくのである。

 

第3位:イヌイッさん!

【あらすじ】

女子高生である宇佐木はある日、犬なのに2足歩行が出来ていてかち服を着ており、何故だが人間の言葉を自由自在に使いこなして喋るけったいな性格の犬であるイヌイに出会ったのだ。

しかも、イヌイは自分の事を何故だか人間だと思っており、しかも心の中も女子高生だと思っている犬なのである。

そんなイヌイは日辻と言う男子生徒に好意を抱いており、しかも本来のけったいな性格で宇佐木を振り回していくのである。

女子高生の心を持つ犬と振り回される女子高生の日常を描いた作品なのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、間違いなくイヌイです。

彼女は犬でありながら何故か人間と同じように歩く事が出来、同じように日本語を話す事が出来、自らを人間であり心は女子高生と言う変わった犬なのです。

そしてけったいな性格をしているがゆえに、彼女と仲がいい宇佐木は散々に振り回される羽目になっていく事になるのです。

そして彼女が好意を抱いている日辻との異色のカップルが成立するのかというのも見どころの一つとなっています。

 

第4位:アホガール

【あらすじ】

学力テスト全教科で0点を取ってしまうとっても頭が悪いよしこは、幼馴染の明から説教を喰らってもまともな返答すらしないので、ぶん殴られる日々を送っていたのである。

そんな2人の影響を良くも悪くも受けてしまった者達が大勢いるのである。

これは2人とよしこの盟友の隅野、明の妹である瑠璃、その明が大好きで危ない行動をする委員長、ある事情で男装したよしこにハートを奪われた教師のあつこ等の人物達のトラブルまみれの日々の物語なのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、よしこです。

上記でも言いましたが、彼女は非常に頭が悪くてテストの全教科で0点を取ってしまう程です。

しかも自分の名前すらも間違えてしまうくらいの頭の悪さをしており、おまけに彼女と関わった瑠璃や委員長と言った者達も良くも悪くも彼女の影響を受けてしまう始末です。

しかし、そんな彼女ですが運動神経は普通に良く、喧嘩も不良相手に簡単に勝ててしまうのです。

それにアホなせいで目立ちませんが、意外と女子力も高いのです。

 

第5位:池袋†BLood

【あらすじ】

女子高生のリカコはBLが大好きな腐女子と言う変わった女子高生なのである。

しかもBLを想像するだけで鼻血を噴き出してしまう困った女子高生でもあったのである。

そんなある日、バイトを終えた彼女は道端で倒れていた美形のヴァンパイア男子であるエドワードを見つけた。

彼を見つけたリカコは彼から萌えを提供してもらう代わりに、自らの鼻血をエドワードに提供するという条件の元、2人は同じ屋根の下で一緒に住む事になったのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、BL好きな腐女子であるリカコです。

彼女は妄想をするだけで鼻血を出してしまうくらいBLが大好きなのです。

それ故にエドワードが一緒に住む時には、毎度妄想する度に鼻血を出し、それをエドワードが飲んでくれるという摩訶不思議な生活になっていくのです。

しかし、これは彼女にとってはいつもしている妄想がとても捗る上に、何時も拭かないといけない鼻血がエドワードの食料になるのでとても助かっているのです。

 

第6位:ナイフみたいにとがってら

【あらすじ】

母親は非常に頭を悩ませていた。

それはたった今反抗期を迎えている長男と次男の事なのである。

長男は非常にキレやすく母親の事をババア呼ばわりする程口が悪いのである。

次男はどちらかと言えばおとなしめではあるのだが、とても腹黒い一面を持っておるのだ。

しかし、反抗期故に結局2人は喧嘩を始め、母親が仲裁しても止まらないのである。

これは時にドキッとし、時にキュンとしてしまうそんなリアル兄弟の日常コメディーなのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、反抗期を迎えている兄弟です。

長男は俺様で自分勝手な一面があり、しかもキレやすく些細な事や何か文句を言われるとキレてしまうのです。

注意する母親に対しても快く思わず、反抗期故にババア呼ばわりし、しつこく注意してくると部屋から追い出してしまうのです。

次男は長男に比べれば大人しく母親の事が好きで、時に甘える事もあります。

それ故に長男との喧嘩の際にわざと強く殴られた振りをして母親を味方につけると言うしたたかさがあるのです。

 

第7位:愚かな天使は悪魔と踊る

【あらすじ】

完全に堕落してしまった悪魔達に何としてもやる気を出してもらおうと、阿久津は悪魔達のアイドル的存在となる若い人間を連れてこようと地上へとやって来たのだ。

地上で人間を探しているとアイドルにうってつけと言わんばかりの美少女である天音リリーに出会い、スカウトしようとするのである。

しかし、リリーは悪魔達にとっては天敵の天使だったのだ。

そんな彼女を何が何でも堕天させようとする阿久津とそんな彼を更生させようとするリリーの戦いが始まったのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、阿久津とリリーの仁義なき戦いです。

リリーは天使故に阿久津のような悪魔は何としても更正させないといけない立場ですので、どんな手段を用いても更正させようとしていく事になっていきます。

対して阿久津は悪魔達の将来を憂いており、何とかアイドル的存在となる人間を連れていかないといけません。

探した末にようやく見つけたリリーが天使だったのですが、それでも構わずあの手この手で堕天させようとするのです。

それ故に、この2人の激しい戦いが見どころなのです。

 

第8位:村井の恋

【あらすじ】

顔はかなりと言っていい程のイケメン男子なのだが、かなり様子がおかしい状態の村井は乙女ゲームオタクである田中先生が好きなのである。

ある日、彼女から渡された進路希望調査の紙に結婚してほしいと書いて提出した結果、黒髪のロン毛は恋愛対象外だとバッサリ斬り捨てたのである。

翌日、そのアドバイスを真に受けた村井は短髪の金髪姿になって登校してきたのだ。

田中は彼を呼び寄せるも、近くで見たら彼女の推しであるゲームキャラの春夏秋冬に似ていたのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、田中の事を一途に想う村井です。

村井は田中の事が好きで、本来行くべき進路を書く紙である進路希望調査の紙に田中と結婚すると記入する程に好きなのです。

冗談だと思うかもしれませんが、彼にとっては真剣なのです。

しかも黒髪のロン毛は無いとバッサリを斬り捨てられたかのような言い方をされれば、大抵は凹んでしまうものですが、彼は凹む事無く彼女好みの髪型にして登校するくらいメンタルが強いのです。

 

第9位:ゆるゆり

【あらすじ】

七森中には元茶道部が使用していた空き教室があり、そこであかり達が占拠して正式な部活動ではないごらく部を生み出したのである。

ごらく部はあかり、京子、結衣、ちなつの4人で構成されており、彼女達は自由にごらく部を堪能しまくるのである。

この物語はそんな彼女達と、彼女達と親しい友人達とその家族が時に笑い合い、時には百合百合な展開になったりと非常に平和でまったりとした女子達の学園生活を描いている物語なのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、主人公であるあかりの影の薄さです。

彼女は主人公であるため、本来この作品に登場する誰よりも明るく目立つ存在になるのが常識のはずです。

しかしながらその彼女は主に京子に出番を食われたり、画面から見切れたり、存在感が薄くて誰にも気づかれなかったりと不遇な面が目立つのです。

しまいには1話丸々出番がない時もありました。

それ故に主人公でありながら主人公らしからぬ存在感の無さと影の薄さがあるのです。

 

第10位:あそびあそばせ

【あらすじ】

ある学校には遊び人研究会と呼ばれる同好会が存在していたのである。

その同好会は生徒会に部活の申請をしておらず、無許可で主人公である本田、オリヴィア、野村の3人が勝手に空き教室を占領して活動をしているのだ。

そもそものきっかけはテニス部に所属していた本田がリア充を求めたが故にテニス部を退部して、遊び人研究会を立ち上げたのである。

その同好会では美少女たる主人公達が遊びと評して強烈な変顔をしたりする等の遊びをするのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、主人公が3人いる事です。

先程紹介した本田はリア充を求めてテニス部をやめ、遊び人研究会を立ち上げた人物で、常識的じゃない言動と行動で相手を振り回すのです。

外国人にオリヴィアは同好会の中では数少ない常識人ではありますが、外国人でありながら日本育ちのせいで英語の成績が良くないのです。

生真面目でクールな野村は怒ると顔が豹変したり、オリヴィアと同じくらいに英語が苦手な一面があるのです。

こんな個性の強い主人公達がいるのが見どころなのです。

 

スポーツ系漫画ベスト10

第1位:ホイッスル!W

【あらすじ】

裕福な家庭に生まれ落ち、優秀なサッカー選手の父親を持っている少年である天城煌牙は父親と同じく立派なサッカー選手になるために練習を重ねていたのである。

非常に勝気な性格をしている彼はたった一人で練習をしている時、一人の少年と関わる事になるのだ。

その少年の名前は黒瀬拓海と言い、子供とは思えないくらいクールな性格をしているのだが、ある過去が原因で心を完全に閉ざしていくのである。

これは2人の少年の出会いがきっかけで始まる、新たなサッカー物語なのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、天城と黒瀬です。

天城は前作で登場した天城燎一の息子で、天城も彼の血を引いているせいか優秀なサッカー選手として成長していたのです。

黒瀬は過去の事が原因で心を閉ざしてしまい、震災が起こった宮城県石巻市から東京都へと引っ越してきたのです。

そんな2人はかつて天城燎一が通っていた武蔵森学園中等部に入学し、昔は強豪だったが今は落ちぶれているサッカー部に所属して活躍する事になるのであります。

 

第2位:さよなら私のクラマー

【あらすじ】

川口伊狩中学3年の周防すみれは最後の公式戦で負けてしまうも、ライバルである曽志崎緑から誘いを受けて埼玉県立蕨青南高校へ進学した。

そして女子サッカー部に入部すると、無名ながら抜群の才能を誇る恩田希を中心に一癖も二癖もある選手達が集まったのである。

元日本女子代表の能見奈緒子をコーチに招くとすぐさま国内屈指の強豪である久乃木学園高校との練習試合に臨む。

試合は相手の圧倒的実力差に大差で敗北する結果となってしまうも、すみれ達はむしろ発奮して打倒久乃木と関東大会出場なのを掲げるのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、多種多様な女子サッカー選手が沢山いる事です。

主人公のすみれがいる学校には緑、希の他にサッカー選手として技術力は無いがごっちゃんゴールを決める白鳥、何でもそつなくこなせる田勢がいます。

すみれ達が入部してから初めての相手である久乃木学園高校は日本代表にも選ばれている梶、1年生ながら司令塔を務める天才選手の春名、豊富な運動能力を持っている真央、浦和邦成高校では緑の先輩であるボランチの桐島と数多くいます。

 

第3位:アタックNo.1

【あらすじ】

バレーが大の得意である主人公のこずえは中学2年時に急に結核にかかってしまい、療養のために富士見学園へと転校したのである。

転校当初は病気のためにスポーツは両親から禁止されていたのだが、桂木率いるバレー部と、落ちこぼれグループを率いて対戦するはめになってしまったので密かに練習を介したのである。

そのおかげで結核は全快し、バレー部との対戦には勝利して入部してキャプテンとなり、まだ見ぬ強豪達と戦うのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、何度挫けても立ち直るこずえです。

彼女は桂との対決に勝利して部活に入り、キャプテンへと就任しました。

その後はバレーに青春を燃やし、最初は対立していたみどりとも固い絆で結ばれる事になったのです。

しかし、バレーをやっているうちに自分よりも上手い強敵の出現や、大切な者が命を落とした事によるショックに対し、涙を流したりスランプになったりするのです。

そのたびに仲間達から励まされ、何とか立ち上がって立ち向かっていくのです。

 

第4位:エースをねらえ

【あらすじ】

優秀な選手の竜崎に憧れて県立西高テニス部に入部した岡ひろみは、コーチの宗方に才能を見出されていきなりレギュラーに抜擢される事になったのである。

彼女は宗方のかなりと言っていい程の厳しい特訓の末にメキメキと成長するのだが、同時にレギュラーを外された音羽を始めとした面々からのいじめを受け、竜崎からも冷たく扱われてしまう羽目になったのだ。

それでも双方を無事に乗り越えた彼女は一人前の選手へと成長していくのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、どんなに苦難に遭っても頑張るひろみの心の強さです。

1年生ながら抜擢されたとはいえ、実績がない彼女が抜擢された事を面白くなく不満に感じる上級生が彼女をいびり始めたのです。

そして宗方の厳しい練習を毎日こなしていくのです。

普通でしたら肉体的にも、精神的にもボロボロになって辞めるかもしれない状況になっているはずです。

しかし、彼女はこれらの事を全部乗り越えて優秀な選手になっていきました。

 

第5位:モーメント 永遠の一瞬

【あらすじ】

小学生ながらフィギュアスケートに対して抜群の才能を誇っていた雪は、母とともに上京し、東京のクラブへ入ることを認められた。

しかし東京出身じゃなかったためなのか、クラブのメンバーに中々受け入れられない中で、渚が雪に話しかけてきたおかげで大分気が楽になったのだ。

そして転入した小学校の同じクラスには、雪と同じリンクでアイスホッケーをしているダイヤがおり、女子の友達も出来たのである。

そしてクラブで夏の強化合宿に参加する選手が発表され、雪の名前が呼ばれたのである。

ここから彼女と彼女に関わる男達の日々が始まったのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、主人公である雪や彼女に関わるダイヤと睦月です。

彼女は東京出身ではなく地方の出身でしたので、その影響でクラブの仲間と中々仲良く出来なかったのです。

それから合宿メンバーに選ばれた際にクラブの子に責められたり、コーチに厳しくされたり、途中で音楽が途切れたりと様々な問題やハプニングとかが起こってしまいます。

それでも彼女は耐えて頑張っていくのです。

そんな彼女の味方である2人も彼女の影響を受けていく事になります。

 

第6位:山と食欲と私

【あらすじ】

山に登る事を趣味としている会社員の日々野鮎美は、5年前から山ガールブームに乗っかって山登りを開始したのだが、それがとても気に入ったのか一度登ってからたった一人で登るようになっていたのだ。

年齢は30近いため、山ガールを呼ばれるのは余り快く思っていないのである。

性格は人見知りで、一度山登りに誘われた事があるのだが断った事もあるのだ。

この物語はそんな彼女が山登りを通じて多くの人と出会っていく物語なのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、多くの世代に読まれている事です。

この作品は鮎美が色々な料理を作って紹介したりするのでグルメ系、アラサー女子漫画という事で描かれているのですが、実際にある山や山登りの際に使用する山道具やアウトドアグッズ等が取りあげています。

更に山登りの際に人間観察、山を登る描写等も盛り込まれています。

それ故にリアルな山登りを体験しているような気分になれるのか、多くの世代から愛されているのです。

 

第7位:その娘武蔵

【あらすじ】

184cmの男口調である兼子武蔵は中学校ではかなりの有名人だったのである。

しかし、インタビューの時にもうやらない事を堂々と宣言して皆を困惑させ、大仙高校へと進学するのである。

それでも身長が目立つ彼女はバレー部キャプテンの律から目をつけられるも入部を拒む。

そんな彼女に対して律はスパイク勝負で武蔵が負けたら入部するように言ったのである。

受けて立った武蔵だったが、長い勝負の末に敗北して入部する事になったのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、部活をやる者の熱の熱さです。

主人公である武蔵は、部活やバレーをやる意味があるのかと考え始めたが故に高校では自由になろうとやめたのです。

対して大仙高校のバレー部キャプテンの律は人数がギリギリだったり、顧問がいなかったり、体罰が問題で多くの部員がやめたのにも関わらずバレー部に賭けています。

そんな彼女の熱さに武蔵は少しずつ影響され、自分なりに部活をやる意味を探す事になっていくのです。

 

第8位:はるかなレシーブ

【あらすじ】

高校に行くために沖縄へとやって来た遥はかなたの家に住むと、海岸にいた遠井成美達と知り合って彼女達がしていたビーチバレーに興味を抱くのである。

しかし、遥は余計な一言を言って成美を怒らせてしまったのだ。

かなたと成美の過去を知った遥は悪い流れを断ち切るためにビーチバレーの勝負をする事になり、これがきっかけで遥はかなたとペアを組み、ビーチバレー部に所属する事で競技としてのビーチバレーに挑む事になるのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、遥とペアを組むかなたです。

彼女は子供の頃からビーチバレーをしていて、成美と共にかなりの活躍をしていましたが、身長が伸びない、プレーを変化させられなかった、家族が命を落とした理由から身を引いていたのです。

遥と出会い、成美と再会したのを切っ掛けに再び再開しました。

それと同時に過去の自分を取り戻そうという決意を固め、自分のプレースタイルを模索しつつ、絆を取り戻そうとする姿も遥の成長と同様に見どころの1つです。

 

第9位:あさひなぐ

【あらすじ】

旭は眼鏡をかけていた事から色々な悪口を言われてきたので、高校へ進学する際に自分を変えてみようと決めたのである。

そしてある事を切っ掛けに薙刀部に興味を抱き、入部するのだが、この部活動をしている人達は皆個性が強い者達が多かったのだ。

しかも一年生ながら部のエースなのだが、部活に溶け込まずに孤立している寧々と上級生達が激突している有様なのである。

そんな中でも旭は強い女になるために奮闘していく事になるのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、旭です。

彼女はこれまでの自分を変えようと決意して、偶然とはいえ薙刀部に所属する事になったのです。

しかし、彼女は運動神経が無かったので中々上達せず、度々部活をやめるように言われてしまうのです。

それでも彼女は不屈の精神を持っているので、部活をやめる事はせずに強い女になろうと努力していきます。

それが功を奏したのか、薙刀そのものが好きになっていき、精神的にも成長していく事になるのです。

 

第10位:春待つ僕ら

【あらすじ】

心の支えになってくれたあやと別れ、仲間に仲間外れにされた経緯がある美月は、高校で自分を変えようとしていたのだが中々上手くいかなかった。

何とかしようと思いながらアルバイトをしていると「バスケ部イケメン四天王」が来て、その一角を担っている多田竜二が好きな人と美月を間違えて告白した事が切っ掛けで交流が始まったのだ。

やがて美月は四天王の一角を担う浅倉永久に好意を抱き、永久も同じ想いを抱くも、美月と別れてアメリカへと行って帰国した神山亜哉が現れる。

【見どころ】

この作品の見どころは、「バスケ部イケメン四天王」の面々です。

後に美月の事が好きになる永久は、のんびりしていて天然でいつも眠そうにしているのです。

間違えて告白した竜二は次期キャプテン候補なのです。

宮本瑠衣は無邪気な笑顔を持ち、永久をライバル視していて美月にも声をかけていきます。

若宮恭介は四天王の中でお兄さん的性格をしていて、妹がいるために女性の気持ちが分かるイケメンなのです。

そんな三者三様の男子達の姿を見れるのが見どころです。

 

エロ恋愛系漫画ベスト10

第1位:獣人さんとお花ちゃん

【あらすじ】

ある世界には獣人と人間が住んでおり、二つの種族の間には永遠とそびえ立つ、大きな壁が存在していたのだ。

偶然見つけた壁の亀裂から獣人の住処へ忍びこんでしまった花は、迷い込んだ先で漆黒の獣人であるサナティに出会って、彼に抑え込まれてしまうのである。

鋭侵入した目的を問われる花だったが、サナティは何故か他の獣人から庇うように身を挺してくれたのだ。

これが切っ掛けで壮大な異種間恋愛が始まったのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、人間と獣人の恋愛です。

本来の恋愛は人間は人間同士、獣人は獣人同士と相場が決まっているんです。

しかし、この作品では人間である花と獣人であるサナティの恋愛模様が描かれているのです。

人間は獣人を、獣人は人間を余り快く思っておらず、壁を越えてしまった瞬間に襲われてしまいます。

花もまた偶然ながら壁の隙間に入ってしまった事で越えてしまったのですが、サナティに見つかるも壁の隙間を見つかるまでの間かくまわれるのです。

その間にお互い惹かれていく事になっていくのです。

 

第2位:脱いで触って愛して

【あらすじ】

デザイナーの森野小鳥は極上ボディーイケメン警備員の真壁の隠し撮りを趣味にしており、写真を眺めるだけで十分に満たされて幸せなのである。

ある日、スポーツウェアを着て確認している彼女の元に真壁が現れて、自分が着てみようかと言って制服を脱ぐのである。

この事に興奮して直視できない小鳥だったのだが、落としてしまったスマホを真壁が見た際に隠し撮りしていた事がバレてしまうのである。

何とか取り繕うとする小鳥に、真壁は好きだと言ったのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、真壁です。

真壁は小鳥が働いている会社の警備員をしており、大学生時代はボクシングをしていた事から小鳥がつい盗撮をしてしまうくらいの立派な筋肉をしているのです。

彼女に盗撮されている事を知った際に告白をしましたが、小鳥からは真壁の筋肉が好きなのだと言われてしまいます。

普通だったら変わった女だなと思ってしまう所ですが、彼はそんな事など気にせずに外見が好きなのなら、自分の中身も好きになればいいと言い放ったのです。

故に外見も中身も男前な彼が見どころであります。

 

第3位:Bite Maker ~王様のΩ~

【あらすじ】

国立安土桃山高校には信長と呼ばれる存在がいたのである。

この世界には10万人にひとりの割合で存在し、容姿や頭脳や能力に秀でたα種という種族が存在していた。

その遺伝子を持ち、出会う人間を残らず虜にしてしまうフェロモンを備えているのが信長なのだ。

そんなが求めるものは必ずα種の子供を生ませる事が出来るΩ種の女性なのである。

その女性であるのえるがやって来た時から、信長を始め秀吉、幸村の彼女を巡る争奪戦が繰り広げられるのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、のえるです。

彼女はこの世界は希少な存在で絶滅危惧種に指定されているΩ種なのです。

Ω種はα種と交わる事で必ずα種の子供を生む事が出来ます。

しかし、のえるはその事を隠したいがゆえに普通の高校から信長のいる高校へとやって来て従者になるのです。

しかしながら信長にその事を気づかれ、運命の相手とされてしまい、秀吉や幸村からも求愛されることになります。

しかも彼女にはヒロという想いを寄せている子がおり、その子はβ種なので付き合えないという悲しい展開があるのも見どころです。

 

第4位:蜜×蜜ドロップス

【あらすじ】

ある日の夏休み、柚留はある店でアルバイトをしていたのだが九華科の可威とお支払いの事で揉め、彼に足を引っかけられてプールへと落とされてしまったのだ。

怒った彼女は勢いで可威に水をぶっかけたのである。

そして可威は柚留が自分と同じ学校なのをも知ると彼女を持ち上げて部屋へと連れてくると、シャワーを浴びるように言ったり、濡れた服をクリーニングしてあったり、ドリンク代を置いて行ったりしたので柚留は困惑するのだった。

夏休みが終わった2学期、柚留は可威の世話をさせられるHONEYに指名されたのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、可威です。

彼はお坊ちゃまが所属している九華科に所属している学生で、結構高圧的な態度を取る事があり、そのせいで柚留に水をかけられてしまうのです。

そんな仕打ちをされたのでやられたら10倍にして跳ね返すという彼のモットーから、彼女を自分の世話をするHONEYに指名して、悪戯をしていきます。

しかしながらそんな彼も常識的な部分や優しい部分があり、そんな可威の態度に柚留はドキドキしてしまうのです。

 

第5位:おとなの防具屋さん

【あらすじ】

少しでもお金を稼ぐために故郷から町に来た求職中の青年であるカウツは、偶々店員募集の張り紙が張られた防具屋を見つけたのである。

密かに覗き込むと、そこには如何にも怪しい行動をしている男女2人組である店主のナーデンと看板娘のリリエッタがいた。

2人の話からエロ装備を売っている店が今にも倒産寸前に陥っている事や、帳簿を確認すると明らかに金銭管理が杜撰である事を知ったカウツは、彼らの店を何としても立て直すために店員になって彼らに協力する事になるのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、カウツです。

彼はナーデン達が働いている防具屋の再建を手伝うために働き始めますが、ナーデンはエロ装備系の目利きに優れ、リリエッタは女性であるにも関わらずかなりの怪力の持ち主なのです。

それ故に自身には彼らと違って才能が何もない事を突きつけられている状態にあります。

そもそも2人の才能の使い方がおかしいので特に問題はないのですが、それでも懸命に働いていき、防具屋にやって来るお客さんのために奮闘していくのです。

 

第6位:アヤメくんののんびり肉食日誌

【あらすじ】

舞台は某大学にある生物学科の研究室。

今年の大学に進学した新一年生・菖蒲瞬はかなりと言って良いほどの風変わりな男の子だったのだ。

彼はお墓を掘ったり、ミイラを発見したりする考古学者の息子であり、中学時代と高校時代は英国にいたので帰国子女なのである。

しかも恐竜オタクで、好奇心旺盛にして優秀な研究者になることは間違いなしなのだが、偶然先輩女史である椿の裸を見てからは何故だが彼女に興味津々になってしまったのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、菖蒲と椿です。

菖蒲は帰国子女故に頭が良くて、父親が有名な考古学者なのでとても優秀な学者になる事間違いなしの人物ではありますが、少し変わった人物でもあるのです。

椿は骨の事が好きな女性で、付き合う男性を決めるのも骨基準なこちらも変わった女性なのです。

菖蒲が偶々椿の体を見て、胸を触らせてほしいというよく分からない告白をし、2人は一夜を過ごします。

しかし、恋人となったわけではありませんので菖蒲は困惑し、椿は言動や行動が良く分からない菖蒲に困り果てていました。

そんな2人の恋の行方が見どころなのです。

 

第7位:モトカレ←リトライ

【あらすじ】

大学に入り一人暮らしになった蜜はお隣に挨拶をしに行くと、住んでいたのは5年前にフラれた元彼氏の楓だったのだ。

蜜は今もなお楓が好きなので、お友達になろうと言うと楓の部屋に入ると彼にキスされる。

しかし、楓は部活に専念したいから別れたけど落ち着いたらまた付き合おうとしていたのだが、蜜が別の男性と付き合っていた事に腹が立っていたので今回迫っただけだと言ったのだ。

しかし、それは誤解だったのを知った楓は紆余曲折あって再び蜜と付き合う事になったのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、第二の男性である和葉です。

紆余曲折ありながらも再び結ばれて、愛を確かめ合った2人ですがそんな2人の元に現れたのが彼なのです。

和葉は楓の男友達で、楓がいない隙を狙って密に近づいてキスをし、自分の方が幸せに出来るという挑発めいた言葉を投げかけました。

しかし、これらの行動は和葉本人ですら分かっていなかったのです。

彼のこの行動が切っ掛けとなって、三角関係みたいな感じになっていくのです。

 

第8位:モテキ

【あらすじ】

夢も金もなく、これまで一切モテない草食系男子である藤本幸世は、ある日突然知り合いの女の子から次々と連絡が入ると言う事態に困惑する。

この事から彼はようやく「モテ期」が来たのだと感じるのだが、今の今までモテ期の来なかったのでどうすればいいのか分からなかったのだ。

しかし、連絡してきた女性を無碍にする事が出来ないのと、この機を逃してはもうモテ期は来ないと感じ取った幸世は女性達とデートを重ねていくのだった。

【見どころ】

この作品の見どころは、幸世に近づいてくる女性達です。

一人目は幸世と同じ社員である土井亜紀で見た目は地味なのですが、素顔は社交的で素敵な美女なのであります。

二人目は中柴いつかで幸世とは趣味が全く一緒に元気な女性で、彼女にとって幸世は気が置けない友達という認識をしていると共に一緒にいる気が楽になるのです。

三人目は小宮山夏樹でかなりの美女なのだが、ミステリアスなので何を考えているのか分からない上に酒癖が悪いのです。

この個性のある女性達と幸世がどうなっていくのかが見どころとなっています。

第9位:羽山先生と寺野先生は付き合っている

【あらすじ】

教師になって初めて恋をした真面目な体育教師である羽山飛鳥と小柄ゆえに学生と間違えられることがしばしばある生物教師である寺野沙紀は、お互いの事が気になっていたのである。

そして思いっ切って告白して無事にお付き合いする事になったのである。

しかし、交際も初めてなのでどうすればいいのか分からない中で同僚の助けを経て、校内を見回りしながらデートをしたり、自宅にお泊りしたりするのである。

そうしていく事で愛をより深めるのである。

【見どころ】

この作品の見どころは、初々しい2人の恋の進展と彼らを見守る者達です。

羽山と寺野はお互いの事が好きになる前は、恋も告白も交際も全てにおいて初めてであり、どうすればいいのか分からない状態でした。

そんな彼らを見ていた同僚の先生である瑠衣とエレーナ、そして生徒達は少しでも彼らの仲を進展させるために色々な事を提案していくのです。

彼らに後押しを受けた2人は色々な事をして、仲を進展させて愛を深めていくのが見どころとなっています。

 

第10位:みだらな熱帯魚

【あらすじ】

入社以来、男性誌を担当した愛梨は、人気女性情報誌『プチ・マガジン』へ異動となる。

異動前日、プールで最後の仕事を片付けると、偶々美しい泳ぎ方をする男性を目にするとついつい目で追ってしまっていた。

愛梨は昔水泳をしていたが、友人に敗北した事が原因でやめていたのだ。

しかし、男性とタオルの事でトラブルを起こしてしまったのである。

そして翌日、異動した彼女の元に昨日の男性であり、『プチ・マガジン』の売り上げに貢献した編集者でもある叶雄星がやってきたのだ。

【見どころ】

この作品の見どころは、2人の恋の行方です。

愛梨は異動で女性誌の編集部に籍を置く事になったのですが、前日にひと悶着を起こした仕事は出来るが超マイペースで超オレ様な男の叶雄星の補佐につくことになります。

雄星にいちいち腹の立つ事ばかり言われる愛梨は彼に反発していくも、関わっているうちに彼の本当の優しさに触れていくのです。

やがて愛梨の中で雄星が一番気になる存在に変わっており、好意を抱き始めたかもしれないと思い始めていきます。

それ故にこの2人の恋の行方は見どころなのです。

まとめ:2020年に絶対見るべき漫画ランキング厳選100

今回は「2020年に絶対見るべき漫画ランキング厳選100」を独自ランキング形式でジャンル別にご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

みなさんがお気に入りの作品はランキングに入っていましたでしょうか。

まだお読みになっていない漫画でお気に入りの作品が見つかるととても嬉しいです。

2020年もどんどん面白い漫画作品が登場すると思います。

こちらの記事では紹介しきれませんでしたが、また別のジャンル作品も取り上げてご紹介していきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!