鬼滅の刃

【鬼滅本誌】鬼滅の刃182話考察!ついに義勇・炭次郎VS無惨の戦いが!

【鬼滅本誌】鬼滅の刃182話考察!ついに義勇・炭次郎VS無惨の戦いが!

この記事では、鬼滅本誌最新話となる漫画「鬼滅の刃」182話の考察(展開予想)を181話のあらすじを元にしていきたいと思います。

180話では、無惨がついに復活、珠代も殺されてしまいました。さらには第2陣の隊士までもが皆殺しにされてしまいます。

そして、キリヤは自分の責任だと感じて迷いが生じている中、ユシロウは珠代の死を感じて怒りでどうにかなりそうな状態です。

続く181話のあらすじや感想などまずは振り返り、続けて鬼滅の刃182話の考察(展開予想)をしていきたいと思います。

鬼滅の刃181話のあらすじ

【鬼滅本誌】鬼滅の刃182話考察!ついに義勇・炭次郎VS無惨の戦いが!

重圧

汗をダラダラたらして焦っている様子のキリヤ。

自分の采配を間違ったせいで大勢の人が虐殺されたと感じて落ち込む。

彼は皆が何百年もこの日のために、無惨を倒すためにしてきたことが自分のせいで台無しになったと思う。

そんなキリヤに声をかけるくいなとかんなだが、キリヤは反応しない。

すると突然、かんな?くいな?が彼の頬を叩く。かんなかくいなも驚いている様子。

そして、彼女はしっかりして早く次の指示を。戦いはまだ終わっていないとキリヤに訴える。

キリヤは叩かれた頬を押さえて、産屋敷一族皆が同じ重圧に苦しみ耐えてきたんだと思いだす。

そしてキリヤは再び指示を出し始める。

「無惨の位置を捕捉し続けろ。カラスはとにかく目を撒け。」

彼は柱をすぐに集結させて戦力を一つに集めようと思う。

そしてかなたとくいなに感謝をする。二人は泣きながら「はい」と返事をする。

 

焦り

カラスの伝令で無惨が復活したことを知って焦る甘露寺。一方、伊黒は上弦の壱を倒して死んだ玄弥と無一郎と比べ自分のふがいなさを思う。

鳴女の血鬼術は殺傷能力は高くないが、ずっといたちごっこをさせられて決着がつかない。

甘露寺は柱は集結しろという命令を聞いて、鳴女はほっといていいのかとカラスに聞く。

その瞬間、何者かに甘露寺は服を引っ張られる。

 

静かな闘志

歩く無惨を見つけた炭次郎と義勇は、ただならぬ気配を感じる。

炭次郎は呼吸が荒くなり、無惨に殺された自分の家族と死んだ仲間たちを思い浮かべる。

刀を強く握り、無惨に殺気を向けると、義勇が「落ち着け」と言う。

 

そんな彼らに無惨が言った言葉は「しつこい」。

無惨は、親の仇、子の仇、兄弟の仇を討とうとする者たちを馬鹿にする。

「生き残ったのだからそれで十分だろう。自分は幸運だったと思い元の生活を続ければ済むこと」

これを聞いた炭次郎は、心底理解できないが、無惨は続ける。

無惨は、自分に殺されるのは大災にあったのと思え、どれだけ人を殺そうとも天変地異に復讐する者はいないと言う。

そして最後に鬼狩りは異常者の集まりで、終わらせたいのは自分の方だと言い放つ。

無惨はまるで正論を言っているかのように炭次郎たちに言う。

炭次郎は静かに怒りを燃やして「無惨お前は存在してはいけない生き物だ」と言うのだった。

 

ここまでが鬼滅の刃181話のあらすじです。続いて181話の内容を元に次回182話の考察・展開予想をしていきたいと思います。

鬼滅の刃 182話考察・展開予想

【鬼滅本誌】鬼滅の刃182話考察!ついに義勇・炭次郎VS無惨の戦いが!

重圧に押しつぶされるキリヤ

感情がなくどこを見ているのか分からないキリヤが重圧に押しつぶされそうになっていました。

それはそうですよね。いくら産屋敷一族だからと言ってもまだ8歳ですしね。

むしろ今まで指示を出してきたのが信じられないくらいです。

自責の念に駆られているキリヤたちはもう立派に炭次郎はたちと同じように戦っていると言えます。

そこでかなたかくいながキリヤを奮い立たせるのがとても熱かったです。これで重圧に立ち向かおうとキリヤはまた立ちあがりました。

そして最後に感謝をされて泣くかなたとくいなを見て、3人は重圧とずっと戦っていたんだなと改めて感じました。

 

甘露寺を引っ張った者は誰?

甘露寺を引っ張ったのは一体誰なのでしょうか。

伊黒だとも思ったのですが、甘露寺が伊黒に気づかないわけがありません。

では考えられるのは、鬼殺隊の隊士で柱ではない人物でしょうか。

ユシロウがあそこまで早くたどりつけないし、もしかしたら鱗滝さんとかかもしれません。

弟子たちのピンチに駆け付けたのか。まだよくわからないですね。

後は、アオイとかでしょうか。

炭次郎たちの治療に来たとかかもしれません。

しかし、いずれにしても手がかりが少なすぎます。

 

甘露寺は無惨のもとへ

甘露寺は182話で無惨のもとに向かうと考えられます。何者かと一緒に無惨のもとへ向かい、伊黒が一人鳴女と戦うと思います。

伊黒は鳴女を倒してから無惨のもとへ向かうことになります。そうなると、今まで引っ張ってきた伊黒の強さは相当のものになると思われます。

無一郎たちの助けに入ったヒメジマのように伊黒は無惨を倒すために必要な存在なのかもしれません。

炭次郎たちがピンチになったときに伊黒が戦いに加わるという可能性があると思います。

 

炭次郎と義勇VS無惨

182話でついに無惨との戦いが始まると考えられます。

怒る炭次郎ですが、無惨の圧倒的な強さに傷を負うと思います。透き通る世界を見ても全く刃が立たないです。

そして痣を発現させる義勇が覚醒して強くなります。透き通る世界が見えてヒメジマのように使いこなします。

さらに赫刀に義勇の刀が変化して無惨にやっと傷を負わせることができます。

しかし、無惨を倒すことはできないでしょう。

このように苦戦すると考えられます。

 

まとめ

今回は、鬼滅の刃181話あらすじをふまえ、次回182話の考察・展開予想をご紹介してきました。

次回182話ではついに!炭次郎と義勇VS無惨が描かれると予想されます。本当に展開が楽しみですね。

次回もどうぞお楽しみに!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。