鬼滅の刃

【鬼滅の刃】柱の名言・名シーンランキングTOP20!強く優しいあの名台詞も!

【鬼滅の刃】柱の名言・名シーンランキングTOP20!強く優しいあの名台詞も!

少年ジャンプで連載中の超人気漫画「鬼滅の刃」

2020年には映画の公開が決定していたり、いろんなゲームとコラボしたり、グッズが出たりと・・・猪突猛進!!!の勢いですね。

 

鬼滅の刃の魅力と言えば、キャラクターの豊富さ、話の内容や設定の濃さ、美しい技の数々・・・挙げるとキリがないくらいたくさんありますよね。

その中から、今回は強くて、優しくて、かっこよくて、可愛い柱」の名言・名シーンをランキングにしてご紹介します!

ぜひここで推しの柱を見つけていってください!

 

【鬼滅の刃】柱の名言・名シーンランキングTOP20

鬼滅の刃にはたくさんの名言や名シーンがありますが、その中でも私の好きな柱の名言独自のランキングでお届けします!

柱が大好きな方、一緒に柱の名言を復習していきましょう!!

まだ鬼滅の刃の漫画見てないよ!アニメ見てないよ!という方は、ここで予習をして今後登場する柱にワクワクホワホワしましょう!

 

第1位:煉獄さんのうっかりシーン

かっこいい煉獄さんももちろん人気ですが・・・すこしうっかりさんな煉獄さんも魅力的。

無限列車で魘夢(えんむ)の策にまんまとハマってしまった煉獄さんが、眠りから覚めてからのセリフ

「うーん!

うたた寝している間にこんな事態になっていようとは!!

よもや よもやだ

柱として不甲斐なし!!穴があったら入りたい!!」

by 煉獄杏寿郎

よもや・・・よもや・・・!!!

このよもやの破壊力は凄まじいものでした。

自分の不甲斐なさをすぐに認めることができる素直なところも素敵ですよね。

 

第2位:命の順序

蝶屋敷でアオイちゃん達をさらおうとしたことで、なんだこの人は・・・と思っていましたが、嫁3人に対してのこの言葉で一瞬で心を奪われました。

「俺は派手にハッキリと命の順序を決めている

まずお前ら三人

次に堅気の人間たち

そして俺だ」

by 宇髄天元 

忍びの家系で、嫁を3人貰って、アオイちゃん達をさらって遊郭に潜入させようとしていたイメージだったので、この言葉にはびっくりしました。

言われた嫁達の方もびっくりしていましたしね!!

イケメンで強くて嫁3人もいて、嫁も大事にしているし、堅気の人達も守る・・・なんてかっこいい人なんでしょうか。

4人目の嫁になりたいくらいの衝撃でした!

 

第3位:実弥と玄弥の約束

19巻で大活躍の不死川実弥。

柱合会議では禰豆子を刺し、柱稽古では玄弥にひどい態度をとって炭治郎と喧嘩していて、見た目も相まって怖いイメージしかなかったのですが、実弥には玄弥と昔交わした約束がありました。

実弥「家族は俺たち二人で守ろう

親父は刺されて死んじまった あんなのは別にいないほうが清々するけど

父親がいねぇとなると皆心細いだろうから これからは俺とお前でお袋と弟たちを守るんだ

いいな?」

玄弥「これからはじゃなくて これからもだよな」

これは二人の弟たちが殺される前の会話です。

玄弥はこれをずっと覚えていること、実弥が鬼となった母親を殺したときに言ってしまった言葉を悔いていること、実弥に伝えられる日がくることを祈ります。

実弥のこんな笑顔はここ以外にあったでしょうか。。

鬼がいなくなって、玄弥と仲直りして・・・平和に幸せに暮らす日々を願うばかりです。

 

第4位:しのぶの本音

ずっと笑顔で物腰柔らかいお姉さんのしのぶですが、その胸の内にはどうしようもない怒りがずっとありました。

姉のカナエを殺した童磨と相対したしのぶの言葉

「つらいも何もあるものか

私の姉を殺したのはお前だな?

この羽織に見覚えはないか」

by 胡蝶しのぶ

この言葉の圧に手が震えました。

怒りをずっと抱えて、カナエの好きだという笑顔を絶やさずにいたしのぶ。

それがどんなにつらいものか、想像もつきません。

 

第5位:かっこいい蜜璃ちゃん

可愛くて有名な恋柱の甘露寺蜜璃ちゃん。

柱合会議では柱の全員にキュンキュンしていて、誰にでもキュンキュンする体質なのかな?と思いきや、そうでもなかったようです。

「私 いたずらに人を傷つける奴にはキュンとしないの」

by 甘露寺蜜璃

この言葉にキュンとしちゃいました。

いつもは可愛いのに、かっこいい・・・。

セリフ自体は可愛いはずなのに、かっこいい。

やっぱり柱は強いですよね!!可愛いのにかっこよくて強い蜜璃ちゃん。

伊黒さんの一目惚れにも納得です。

 

第6位:無一郎の過去の言葉

無一郎は双子の兄を殺され、自分も致命傷を負ったことから、記憶がほとんどありませんでした。

何事にも興味関心を持てず、人を無意識に傷つける言葉もありましたが、ある言葉がきっかけで無一郎は記憶と感情を取り戻すことができました。

有一郎「情けは人の為ならず

誰かのために何かしても ろくなことにならない」

無一郎「違うよ 人のためにすることは巡り巡って自分のためになるって意味だよ」

幼い頃の無一郎と有一郎の言葉ですが、これは二人の父の言葉でした。

この会話も無一郎は忘れてしまっていましたが、

「人のためにすることは結局 巡り巡って自分のためになっている」と炭治郎に言われたことをきっかけに、忘れていた記憶を徐々に取り戻し、周りに興味を持てるようになりました。

炭治郎と無一郎の会話は他愛もない雑談のようでしたが、無一郎にとっては大事な言葉だったのだと微笑ましく思っています。

 

第7位:意外と面白い伊黒さん

あまり出番がなくて謎に包まれている伊黒さん。

柱合会議では炭治郎をめちゃくちゃ押さえつけていて、ネチネチして怖い印象でしたが、意外とユーモアに富んだ発言をする人なんじゃないでしょうか!

炭治郎が柱稽古に来たときの伊黒さんのセリフ

「弱い罪 覚えない罪 手間を取らせる罪 イラつかせる罪というところだ」

by 伊黒小芭内

炭治郎より先にきた隊士達がいろんなところにくくりつけられていて、それを障害物と言っています。

伊黒さんはとても怒った顔をしていますが、見ている方は面白かった・・・!

あとこのセリフの少し前に小さく、伊黒さんは蜜璃ちゃんと文通をしていることが書いてありました。

えっ・・・伊黒さん文通するの・・・!?可愛い・・・!!!

となったのはきっと私だけでは無いはずです。

 

第8位:祭りの神

アオイちゃんとなほちゃんをさらって、どうなるのか!?で終わった単行本8巻。

気になる9巻の冒頭で名セリフが飛び出しました。

「いいか?俺は神だ!お前らは塵だ!

まず最初はそれをしっかりと頭に叩き込め!!ねじ込め!!俺が犬になれと言ったら犬になり猿になれと言ったら猿になれ!!猫背で揉み手をしながら俺の機嫌を常に伺い全身全霊でへつらうのだ

そしてもう一度言う 俺は神だ!!」

by 宇髄天元

「俺は神だ!」からの衝撃がすごかったので、その後のセリフが全然入って来なかったのが最初の印象です。

それに正確に突っ込めているのは善逸だけで、炭治郎はバビっと挙手し、「具体的には何を司る神ですか?」と真面目に聞いています。

伊之助は「俺は山の王だ よろしくな祭りの神」と意外にもお行儀よく挨拶をしましたが、宇髄さんには気持ち悪がられています。

本人たちは至って真面目に会話しているようですが、内容がとんでもない名シーンでした。

 

まだアニメにはなっていませんが、小西さんの声で脳内自動再生でしたね!

遊郭編のアニメ化が楽しみです!!ぜひやってほしい。

 

第9位:寡黙イケメンキャラ 早々の崩壊

那田蜘蛛山で伊之助や炭治郎を助け、義勇さん独自の技「凪」がかっこよく決まりました。

美しかったです「凪」。

義勇さんは、そのあとのしのぶのセリフが気に入らなかったようです。

「俺は嫌われていない」

by 冨岡義勇

禰豆子が殺されようとしている中、

え、そこ・・・!?となったのは皆さん一緒ですよね。

しのぶも炭治郎もそんな顔をしていました。

ここの義勇さんとしのぶ、それを不安そうにみている炭治郎、緊迫した話が続いていたので、このやりとりでかなりほっこりしました。

ここまではかっこいいイメージだった義勇さんですが、不思議ちゃんキャラが炸裂しました。

 

第10位:弟と認めた瞬間

19巻の黒死牟戦まで実弥は玄弥のことをとは言いませんでした。

黒死牟に切り刻まれて、止めを刺されそうになっていた玄弥を実弥が助けに来ました。

そのとき、初めて実弥は玄弥のことをと言ったのです。

「よくも俺の弟を刻みやがったなァ

糞目玉野郎ォオ 許さねェ 許さねェ

許さねェエ!!」

by 不死川実弥

この前の実弥のセリフ「・・・テメェは本当に どうしようもねぇ弟だぜぇ」で全身がヒュッとなってからのこのシーン。

ずっと玄弥にきつく当たっていた実弥の本当の気持ちが見えたところでした。

ここで実弥のことが大好きになった人も多いはず。

そこで次の話の扉絵がこちら

読者は悶絶です。

 

第11位:表情と言葉の不一致

童磨が首を切られて地獄に行くときの様子。

しのぶは童磨が死ぬまで成仏できなかったようで、そのときの最後の言葉がこちら

「とっととくたばれ糞野郎」

by 胡蝶しのぶ

しのぶの表情はとても笑顔ですが、言葉と合ってなさすぎです。圧がすごかったです。

いつもは物腰が柔らかく、優しい言葉を使うしのぶですが、本当はこっちのほうがあってるかもしれませんね。

 

第12位:炭治郎タイプ

刀鍛冶の里の戦いで痣が出現したときの様子を聞かれた甘露寺蜜璃ちゃん。

あまね様の前で緊張した様子でしたが、蜜璃ちゃんのこの言葉で空気が一変しました。

無一郎がすぐに真剣な雰囲気に戻してくれましたけどね。

「ぐあああ~ってきました!

グッてしてぐあーって

心臓とかがばくんばくんして 耳もキーンてして

メキメキ メキメって!!」

by 甘露寺蜜璃

思わず「んふっ」と笑ってしまいました。

炭治郎もなんかこうグワーって言ってたので、蜜璃ちゃんも同じ、炭治郎タイプです。

他の柱はみんなお目々まんまるでしたが、伊黒さんだけはあちゃーという表情。

蜜璃ちゃんももちろん可愛いですが、ここの伊黒さんも大好きです。

 

第13位:気にするなと言われても

猗窩座に致命傷を負わされた煉獄さん。

自分はもう死ぬとわかっているので、最後の言葉を炭治郎たちにおくりました。

「俺がここで死ぬことは気にするな

柱ならば 後輩の盾となるのは当然だ

柱ならば誰であっても同じことをする 若い芽は摘ませない」

by 煉獄杏寿郎

気にするなと言われても・・・無理でしょう・・・・!!!

伊之助も言っていました。死んだ生き物は土に還るだけ、べそべそしたって戻ってこないと。

ですが、ここは泣かずにはいられませんでした。

映画化、楽しみなんですけど、この悲しみをまた乗り越えなくてはならないと思うと、気合を入れていかなきゃって思います。

 

第14位:優秀な継子

手強かった堕姫を倒したと思ったら妓夫太郎がでてきて・・・

宇髄さんも毒にやられて・・・炭治郎たちも疲労困憊で、これからどうなるのか、というときのこの言葉。

さすが、柱だな・・・と思いました。

「余裕で勝つわボケ雑魚がァ!!

毒回ってるくらいの足枷あってトントンなんだよ

人間様を舐めんじゃねぇ!!

こいつらは三人共優秀な俺の”継子”だ 逃げねぇ根性がある」

by 宇髄天元

この土壇場にきて、部下の士気を上げる。

こんな素敵な上司がいるでしょうか。

心が先に折れては戦えない、そう思って奮い立たせたのでしょうか。

そもそも宇髄さんは弱音を吐いたところを見たことありませんが・・・!

 

今の柱はしのぶ以外、継子がいません。

次の柱はどうするんだという気持ちもありますが、この代で鬼をなくし、平和で柱がいなくてもいい世界になればいいのになという気持ちもあります。

 

第15位:蜜璃ちゃん思いな伊黒さん

伊黒さんと言えば蜜璃ちゃん大好きで有名ですが、ひっそりと好きでいるのかなと思いきや、あんまり隠していないようですね。

「甘露寺に近づくな 塵共」

by 伊黒小芭内

無限城に一緒に落とされた蜜璃ちゃんを守る伊黒さん。結構堂々としているのですね!!

 

無惨が産屋敷邸に来ることを予測していて、柱を近くに配置していたと思われるお館様

見事に無惨の元に柱が集結しました。さすがお館様です・・・。

 

第16位:義勇さんの過去

自分が錆兎の変わり、姉の変わりに死ねばよかったと思っている義勇さん。

水柱ではないと柱稽古をしようとしない義勇さんに炭治郎が根気強く話しかけます。

本当に根気強すぎて根負けした義勇さんは過去のことを話してくれました。

「お前は絶対死ぬんじゃない

姉が命をかけて繋いでくれた命を 託された未来を お前も繋ぐんだ義勇」

by 錆兎

錆兎が義勇さんの同期であったこと、一緒に育ったことを聞いた炭治郎が言います。

「義勇さんは錆兎から託されたものを繋いでいかないんですか?」

この言葉で義勇さんは錆兎から言われた言葉を思い出しました。

 

この出来事で義勇さんは見事復活しましたが、それに気づかない炭治郎は義勇さんにざるそば早食い勝負を申し込みました。

勝負で炭治郎が勝ったら、義勇さんに柱稽古に参加するように言うつもりだったみたいですが、どっちが勝ったのでしょうね・・・少し気になります!!!

 

第17位:悲鳴嶼さんが炭治郎を認めた理由

悲鳴嶼さんは子供や犬や猫が大好きですが、子供に裏切られたことがあることから人を、子供を強く疑うようになりました。

はじめは炭治郎と禰豆子の存在を認めていなかった悲鳴嶼さんですが、

刀鍛冶の里で禰豆子の命より里の人たちを救おうとした行動から、炭治郎を認めると言ってくれました。

「疑いは晴れた 誰が何と言おうと私は君を認める竈門炭治郎」

by 悲鳴嶼行冥

悲鳴嶼さんは認めると言ってくれましたが、

「決断したのは禰豆子なので、認められては困りまと頑固な炭治郎。

悲鳴嶼さんの過去を聞いたあとは納得した様子でした。

ここで初めて悲鳴嶼さんの目が見えていないことが明確になりましたが、ここまでそう思わせなかった悲鳴嶼はすごいですよね。

 

第18位:どこか抜けていても強い

刀鍛冶の里で蜜璃ちゃんが気絶して、危ないところを炭治郎と禰豆子と玄弥が必死に守りました。

意識を取り戻した蜜璃ちゃん。

「みんなありがとお〜〜!!

柱なのにヘマしちゃってごめんねぇぇ 仲間は絶対死なせないから

鬼殺隊は私の大切な居場所なんだから 上弦だろうが何だろうが関係ないわよ

私悪い奴には絶対負けない 覚悟しなさいよ本気出すから」

by 甘露寺蜜璃

口調は可愛いけど、鬼の攻撃を全部切ってしまいました!強い!!かっこいい!!!

ここから蜜璃ちゃんの本気モード炸裂です!

 

蜜璃ちゃんは鬼殺隊に入る以前はお見合いがうまくいかず、自分を否定されるばかりでした。

奇抜な髪異様な程の食欲と力、普通の女の子としては誰も認めてくれませんでしたが、鬼殺隊ではその強さは人の役に立つものとなりました。

そんな自分を認めてくれる鬼殺隊が好きで、蜜璃ちゃんの大切な居場所となっています。

強さも髪の色も暴食なところも、全部ひっくるめて認めてくれる殿方と、早く幸せになってほしいです。

(伊黒さん早く!!!)

 

第19位:無一郎が変わった瞬間

刀鍛冶の里で、小鉄くんを傷つけてしまった無一郎

周りのことに興味関心が持つことができず、人を無意識の内に傷つけてしまうときもあります。

そんな無一郎くんが変わった瞬間のセリフ

「邪魔になるからさっさと逃げてくれない?」

by 時透無一郎

炭治郎が「人のためにすることは巡り巡って自分のためになる」と言ったことが引っかかり、いつもなら興味もなかった小鉄くんを助けて、無一郎が変わった瞬間でした。

小鉄くんも無一郎のことが嫌いで「昆布頭」と悪口を言っていましたが、助けてもらったことをきっかけに二人は仲直りしている様子です。

 

第20位:伊黒さんのネチネチ節

遊郭で妓夫太郎と堕姫を倒した宇髄さんの元に伊黒さんが駆けつけました。

伊黒さんは相変わらずネチネチしていて、効果音もネチネチ、ネッチとあります。

「ふぅん そうか ふぅん 陸ね一番下だ 上弦の陸とはいえ上弦を倒したわけだ

実にめでたいことだな陸だがな 褒めてやってもいい」

by 伊黒小芭内

すごく上から目線で宇髄さんを褒めています!

褒めているのか?

これが炭治郎だったら褒めもしないでしょうね!

 

でも、実は誰よりも仲間思いな伊黒さん。宇髄さんが無事な様子なので、嬉しかったのでしょうか。

微笑ましいシーンです。

特別編1:元柱 木彫りの人形

90話の扉絵で突如出てきた木彫り。

炭治郎と禰豆子の木彫りです。

そして鱗滝さんの羽織とお面。

 

炭治郎と禰豆子を送り出した後、二人のことを思って彫っていた・・・。

なんという親心というか、おじいちゃん心というか・・・。

ここで私の涙腺は爆発しました。

特別編2:元柱 カナオは可愛いものー!

アニメ25話でカナオの過去が明らかになりました。

ここで登場した元花柱の胡蝶カナエ、しのぶのお姉さんですね。

このカナエの「カナオは可愛いものー!」というところが可愛くて可愛くて、何度も見てしましました。

カナオは二人に見つけてもらえて本当に良かったですね。

 

まとめ

柱の名言、いかがだったでしょうか。

柱だけでは飽き足らず、元柱の名シーンまでご紹介してしまいました・・・!

推しの柱は見つかりましたか?ホワホワできたでしょうか!?

これ以降もランキングにねじ込んでくるような柱の名言が生まれるやもしれません!

まだまだ勢いは衰えない鬼滅の刃ですので、今後の展開も楽しみです。