ワンピース

ワンピース【アラバスタ編】名言・名シーンランキング!ビビの名場面も

ワンピース【アラバスタ編】名言・名シーンランキング!ビ

週刊少年ジャンプで連載中の「ワンピース」は日本だけでなく、世界でも親しまれている漫画です。

漫画を読まない人も「ワンピース」という名前を目にしたり、耳にしたりする事が一度はあるでしょう。

世界中で読まれている「ワンピース」には名言、名シーンが数多く存在し、読者を感動させてくれます。

私はワンピースを「アラバスタ編」で知ったので、非常に思い出深く、涙した事が多くあります。

今回は「ワンピース」の「アラバスタ編」の名言、名シーンを独自ランキング形式でご紹介します!

ワンピース【アラバスタ編】名言・名シーンランキングトップ5!

ワンピース「アラバスタ編」は後に仲間になるロビンが登場したり、王女として国民を守ろうと必死に戦うビビ、ビビの為に戦う麦わら海賊団と見どころ満載です。

今から紹介する名言、名シーンのランキングは私の独断と偏見で選びました。

アラバスタ編は本当に思い出深いので、私の中で印象に残っているTOP5を紹介していきたいと思います。

第5位『お前の方が小物だろ!』

これはルフィがかっこいいから選びました。

「お前の方が小物だろ!」って言えちゃうルフィが本当にかっこいいです!

 

第4位『それがこの船の最高速度でしょう!?』

病気に倒れたナミですが、状況が刻々と悪化するアラバスタを心配するビビの為に船をアラバスタへ向かわせようとします。

ビビも本当はアラバスタへ一刻も早く向かいたいだろうに、ナミの体を治す方を優先する優しさが見えたシーンです。

ビビが心優しく仲間思いな人物だからこそ、麦わら一味は命を懸けて彼女の為に戦う事を選んだのでしょう。

 

第3位『仲間の夢を笑われた時だ!』

普段はビビりで、逃げてばかりのウソップですが、本当に仲間思いで、仲間の為に体を張って戦い、夢を笑われれば怒ります。

このシーンを読むたび、ウソップの仲間思いで、男らしい姿に見直します。

仲間を思って傷だらけになって怒れるのは本当に素敵なことであり、感動の名シーン、名言だと思いました。

 

第2位『仲間だろうが!』

船長でもあるルフィはとにかく仲間を大事にしています。

仲間の為に命を懸けることも厭いません。

ビビが大切にしているものを守る為に、自分達の命も懸けろ!と言えてしまう事がすごいです。

善悪よりも、仲間の為に、ただその想いだけで命を懸けられる麦わら一味の絆の強さに涙してしまいます。

 

第1位『仲間と呼んでくれますか?』

やはり、1位に輝くのはこのシーンです。

漫画でもアニメでも、このシーンでは泣かずにはいられませんでした。

多く語りすぎるのも無粋なぐらい、感動的なシーンです!

王国に残ってしまうビビに仲間の印を掲げて出航する麦わら一味のかっこよさは言葉では言い表せません!

 

アラバスタ編の名言・名シーンにファンの声は?


ワンピース【アラバスタ編】名言・名シーンランキング!のまとめです。

アラバスタ編は名言、名シーンで溢れています!

アラバスタに限らず、ワンピースには多くの胸を打つ言葉が散りばめられており、彼らの言動に涙し、時には救われる読者もいるのではないでしょうか?

名シーン、名言を見ていると、アラバスタ編をまた観返したくなりました。

まとめ

改めて、ワンピースには素晴らしいセリフがたくさんある事がわかります。

仲間を大事に想い、戦うルフィ達の姿が、世界中で愛される理由の一つでもあるのでしょう。

まだまだ素敵な名シーン、名言がワンピースにはあり、今回紹介したのはその一部です。

気になった方は是非、漫画、アニメを見てみてください。