ワンピース

ワンピース【空島編】名言・名シーンランキングトップ10!

ワンピース【空島編】名言・名シーンランキングトップ10!

大人気漫画「ワンピース」。ワノ国編もクライマックスが近づき大盛り上がりですね!

作者の尾田先生は、ワノ国編からでも見てほしいとおっしゃっており、その注目度は日に日に上昇しています!

そんなワンピースですが、過去のシリーズの中でも人気が高い「空島編」。

《エピソード・オブ・空島編》としても放送されましたね。

そこで今回は、ワンピースの不滅の人気シリーズ!!【空島編】の名言・名シーンをあらすじをお伝えしながら独自のランキング形式でご紹介します!

ワンピース【空島編】のあらすじ

ランキングをご紹介する前に、ワンピース【空島編】を簡単に振り返ってみたいと思います。

【空島編】

原作コミック:第24巻~第32巻

アニメ:第144話~第195話

《空島編~あらすじ~》

ビビと別れてアラバスタを出航した麦わらの一味は、船内に潜んでいたロビンを新たに仲間に加え旅をしていると、空から海賊船が落ちてきます。

ロビンから空に島があると聞いたルフィ達は空島に行くために、モックタウンという街で情報を集めようと上陸します。

そこで初めてベラミー黒ひげ“マーシャル・D・ティーチ”に出会いました。

(ベラミーは後にドレスローザで再会し、黒ひげは後に重要な人物となります)

その後ルフィ達はジャヤという街に向かい、モンブランクリケットと出会います。

クリケットの自宅近くで『うそつきノーランド』という童話を見つけました。

ノースブルーでは有名な童話で、ノースブルー生まれのサンジは知っていました。

本当の話が元に作られた童話で、王様に黄金があったと嘘をついた罪で死刑になったノーランドでしたが、子孫であるクリケットは「ノーランドは正直者だった」と言います。

クリケットはルフィ達に空島への生き方を教えてくれました。

それは誰もが疑う方法でしたが、ルフィ達はクリケットを信じ、ノックアップストリームという突き上げる海流に乗って空島へ行くため出港します。

無事空島に着くことができた麦わらの一味でしたが、不法入国として追われることになります。

空島ではエネルが『神』として、空島の人々を恐怖で支配していました。

エネルは悪魔の実で雷の能力を使い、マントラという能力で人々を監視しています。

何よりエネルにはとんでもない企みがあり・・・。

エネルを倒すため機会を待っていた、シャンディアの戦士たち。

仲間を連れ去られ、やられてしまったルフィの逆襲。

ロビンが探し求めるポーネグリフ。

うそつきノーランドが語った『黄金』。

感動の結末!!空島を舞台にした人気シリーズ!!麦わらの一味の大冒険です!!

 

ワンピース【空島編】名言・名シーンランキングトップ10!

それでは、ワンピース【空島編】名言・名シーンランキングを、思い切って第1位から見ていきましょう!!

第1位 届け~~~!!!

【ルフィ】

https://twitter.com/onepiece_kun/status/1033354166226247682

ルフィとエネルの最終決戦。

エネルごと鐘を鳴らすルフィ。

その鐘の音は下の海にいる“ひし形のおっさん”ことモンブラン・クリケットへとーーー。

ルフィの一番大事だったことってコレだったんですよね・・・。

夢を追い街を追われた“ひし形のおっさん”。

ルフィも夢を追うからこそ共感するところもあっただろうし、空島のことをを笑わずに協力してくれたおっさん達に届けたかった思いが伝わった名シーンです。

『うそつきノーランド』の汚名は、今はもう払拭できないのかもしれないけれど、400年の時を経て子孫にきちんと伝わったのが最高に感動です!!

 

第2位 お前が消えろ

【ゾロ、ロビン、ガン・フォール、ワイパー】

この戦いが、他愛もない“生き残りゲーム”だというエネル。

ルフィたちが空島に入ってから3時間が経過したとき、生き残りは5人だと予想していたエネルは、ここに合計6人いることから誰か消えるよう言います。

そして、エネルを前にしたゾロ、ロビン、シャンディアのワイパー、前神のガン・フォールの4人は「お前が消えろ」と宣戦布告しました。

立場や種族を超えてエネルに宣戦布告する姿に熱くなりました!!

一応ゾロがロビンに確認したりもするところや、隠れているナミに確認するところが笑えるという絶妙なシーンも最高です。

とにかく『かっこいい』ワンピースがここにあります!!

 

第3位 「何でおれ達に言うんだ!!!!」

【ルフィ・ウソップ・サンジ】

空島で出会ったコニス。

ルフィたちを騙し誘導したことに耐えられず事情を話します。

空島では犯罪者扱いのルフィたちを誘導しなければ殺されてしまうのです。

“国民の義務”なのだと涙ながらに話しますが、話したことによってコニスが狙われてしまうのだと悟った3人は「何でおれ達に言うんだ!!!!」と、コニスを責めることはありませんでした。

名シーンですよね!!

3人が揃って言うあたりが胸アツです!!

自分たちのことではなく、コニスが狙われてしまうことを心配したところが、なんとも“麦わらの一味”らしいシーンでした!!

 

第4位 私もう!!!何もいらない!!!!

【ナミ】

エネルに連れ去られたナミを助けるため、一人乗り込んできたルフィがやられてしまいます。

船に残ったのはエネルとナミの二人きり。

先の未来にやりたいことも、ほしいものもナミにはたくさんありますが、仲間を見捨て見捨ててエネルと一緒に行くぐらいなら『いらない』と言います。

それは、ナミが命をかけての言葉でした。

個人的にはすごく泣けるシーンでした。

普段はお宝に目がないナミですが、ひょっとしたら一番の仲間想いなのかもしれないと思いました。

ただ命を先に繋げるのではなく、仲間を見捨てるぐらいなら自分の命をかけるナミに熱くなります!!

 

第5位 悪ィがおれは“神”に祈った事はねェ

【ゾロ】

超特急エビで船ごと祭壇に連れてこられたゾロ・ナミ・チョッパー・ロビン。

祭壇の下には無数にサメがいます。

森に抜け、この島の神に会ってくると言うゾロ。

神を怒らせちゃいけないのは世の中の常識だから大人しくしていろとナミは注意しますが、ゾロは神を信じていません。

神より偉そうなゾロを、チョッパーは尊敬の眼差しで見ていました。

チョッパーが尊敬の眼差しで見つめるのわかります!!

ただただかっこいいゾロです!!

・・・まぁ、一人で森なんかに行ったら迷子になってしまいますが(笑)

「神より偉そうなゾロ」と言ったチョッパーの言葉も名言ですね!!

 

第6位 このケンカは絶対買うな!!!

【ルフィ】

空島へ行く情報を集めるため、酒場へ行ったルフィ・ゾロ・ナミ。

そこへ海賊ベラミーがやってきました。

ナミが酒場の人に空島について尋ねると、酒場中が大爆笑。

もちろんベラミーも笑い、夢を追う海賊を負け犬だと言います。

ナミはルフィとゾロにベラミー達をぶっ飛ばすよう言いますが、ルフィはゾロに「このケンカは絶対買うな!!!」と言いました。

正直なんでこんなヤツぶっ飛ばさないんだろうと思いました。

けれど、ルフィの信念というか、《ケンカするに値しない》と思ったのでは!?

善良な市民を襲い、強奪を繰り返す海賊もいますが、ルフィの求めるものは違います。

だからこそこんなに愛される“麦わらの一味”なんですよね!!

 

第7位 鐘を鳴らして君を待つ!!!!

【カルガラ】

今から四百年前ーーー

“偉大なる航路(グランドライン)”にあったジャヤは、閉鎖的で古くからの教えを守り、生贄を捧げることなどもしていました。

“北の海”から来た探検家・モンブラン・ノーランドにより変わりはじめますが、些細なすれ違いから、大親友となったジャヤの大戦士カルガラとケンカ別れをしてしまいます。

ノーランドが出港の時、娘に本当のことを聞いたカルガラはノーランドのために鐘を鳴らしました。

グッとくるシーンですよね!!

種族を超えてわかり合えた親友との別れが切なく、それでも間違いを認めて親友のために流す涙は感動でした。

この後の二人に待ち受けるものは悲劇でしたが、それでも心からわかり合えた親友に巡り合えたことがせめてもの救いです・・・。

 

第8位 タバコの火ィ・・・!!!欲しかった・・・トコだ・・・!!!

【サンジ】

エネルに連れ去られたナミを救うため、エネルの船に乗り込んだウソップとサンジ。

ひん死のウソップを連れ、脱出を試みるナミでしたが、エネルに妨害されてしまいます。

万事休すのその時、サンジがウソップを蹴り飛ばしてナミの元へ送りました。

残されたサンジはエネルの攻撃を一人で受けます。

そして、エネルの攻撃もタバコの火が欲しかっただけだと言い、その後倒れてしまいました。

サンジがかっこよすぎるシーンですよね!!

女性のためにしか動かないようなことを言いながらも、仲間であるウソップのために体を張るところがかっこよすぎます!!

この後にエネルは船の異変に気づくのですが、それはサンジの仕業。

エニエスロビーでも見せるサンジの頭脳戦はさすがです!!

 

第9位 そうだ・・・!!!やめよう・・・逃げるの・・・!!!こいつに勝とう!!!

【チョッパー】

神官の一人と戦うチョッパーはあまりの強さを前に、このまま死んだふりをしようか考えました。

あとで皆に謝れば許してくれると考えます。

ですが、正々堂々と戦わなければみんなに会わせる顔がないと考えなおします。

そして、「こいつに勝とう」と決意しました。

チョッパーはまだこのとき仲間になったばかりで、アラバスタでの戦いが海賊としては初めてでした。

空島では一気に対戦相手の強さが上がったように感じたので、チョッパーがひるんでも仕方がないと個人的には思いました。

けれど、ルフィたちと対等に歩む道を選んだチョッパーがかっこいい!!

そんな胸が熱くなるシーンです!!

 

第10位 人の夢は!!!終わらねェ!!!!

【マーシャル・D・ティーチ(黒ひげ)】

https://twitter.com/taroramotv/status/1208520803475607553

空島へ行くため、情報を集めようと立ち寄った酒場でルフィはケンカを売られる。

空島へ行こうとするルフィたちをバカにする海賊ベラミーたち。

ケンカを買うことなくやられたルフィとゾロはナミが外へ連れ出す。

すると外には先ほどまで酒場にいたティーチがいて、今の戦いはルフィたちの勝ちだと言い、海賊が夢を見る時代が終わることには否定的でした。

個人的にティーチは嫌いなのですが・・・。

この言葉は名言と言えるのではないでしょうか。

海賊は『悪』とされてはいますが、根本的には《夢》を見ている人達なんですよね。

海賊は夢をみて、ロマンを追い求める人達なんです。

そんな人達ばかりならいいんですが・・・。

こんな《夢》を語っていたティーチが、なぜ後に色々な悪行を起こすのかが謎です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ワンピースの中でも人気シリーズである【空島編】。

《エピソード・オブ・空島編》として放送もされました。

個人的にはすごく好きなシリーズで、ここで出会ったベラミーや黒ひげが後に重要な役どころとなり、尾田先生の伏線がたくさんあるのも魅力の一つであるシリーズだと思います。

この【空島編】があったからこそのストーリーが後にも出てきて、エネルもまた登場するのでは!?と噂も絶えません。

扉絵でその後が描かれたエネルですが、今後また登場するのか注目ですね!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。