ワンピース

ワンピース962話の考察!黒炭オロチと康イエの過去が明らかに?

ワンピース962話ネタバレ予想

皆さんこんにちは!

今回は、ワノ国編第三幕が始まりますます盛り上がる盛り上がる漫画『ワンピース』の第962話の考察(展開予想)を中心にお届けしていきたいと思います!

前回961話では、オロチが康イエのコマ使いとして現れたところで終わりましたが、続く962話では一体どんな展開となっていくのでしょうか。

962話の発売を前に、まずは筆者の考察を述べてみたいと思います。勝手な考察になりますので気楽にお付き合い下さいね!

ではまずは961話のあらすじや感想を振り返り、その後962話の考察をお伝えしていきたいと思います。

最後までどうぞお付き合い下さい。

ワンピース961話のあらすじ

ワンピース962話ネタバレ予想!

961話は”花の都”からスタート。

花の都では、”山の神”と言われる猪が子供を探し求めて大暴れをしていました。

錦えもんは、自分が抱えている猪の子供のために都が破壊されるのかと呟きつつ、鳴いている猪に静かにするように言います。

光月おでんは錦えもんに、その猪の子供を山の神にすぐに渡すように言いますが、錦えもんは猪を売り飛ばせば一白金になり、借金を返す事が出来ると言う理由から渡すのを渋ります。

 

(こ……光月おでんだ………!!本物だ…!!全ての愚かな大人達を見下すおれが唯一尊敬する男…!!)

一方で、傳ジローは心の中でこのように思いながら、羨望の眼差しで憧れのおでんを見つめていました。

 

その頃、錦えもんに猪を盗られた男連中は彼と関わりがある”鶴女”を人質にします。それにより猪を取り返そうとしていたのです。

 

しかしそこに山の神が迫って大きな口で彼らを丸飲みしてしまいます。

 

この事を知った錦えもんは、鶴女との思い出を思い出しつつ、彼女を助けようと山の神に立ち向かいますが、体格の差等で返り討ちに遭ってしまいます。

 

それでも立ち向かおうとしますが、追撃を受ける錦えもん。

 

鶴女の事を思い出しながら、「彼女が命を落としたのなら自分もこの場で命を落としたい」と心の中で呟く錦えもん。

 

「お前の探しものはコイツじゃねェのか猪!!!」

 

そこへおでんがこう言いながら、山の神を引き付けるために子供を持って持ち上げます。

山の神が近づくと、天羽々斬と閻魔を鞘から抜き、覇気を纏わせておでん二刀流・桃源白滝を山の神に浴びせて倒します。

 

この事によって飲み込まれた人々が出てきて、鶴女もその中から出てきたので錦えもんは彼女を抱きしめます。

都はかなりの被害を受けましたが、人命は損なわれませんでした。

 

都の皆は心の中でおでんに感謝しますが、同時にこの事件も彼が引き起こしたのではないかと思っていました。

 

錦えもんは真相を語ろうとしますが、おでんに殴られる形で止められました。

 

その後、スキヤキの家臣から絶縁状を受け取ったおでんはこれを受諾します。

そして寝床を探しに都を去っていきました。

これが「山の神事件」でした。

 

おでんの姿を見た錦えもんと傳ジローは彼に惚れこんで、後を追います。

そして2人を加えたおでんは白舞へと向かうと、霜月康イエの元にやって来ました。

 

待ったか、と聞くおでんに、康イエは都を追放された奴等待っていないと言いつつ、追放された身であるのに子分連れかと皮肉を言います。

おでんの目の前に水たまりがあったので、一人の男が水たまりを浸かる事でおでんに自分の背中に乗るように命じます。

おでんは彼の事を気持ち悪がっており、康イエは新入りのコマ使いだと言います。

そのコマ使いは後におでん、康イエを罪人として始末する事になる黒炭オロチでした。

 

ここまでがワンピース961話のあらすじです。

それでは続いて961話の感想、そして962話の展開を予想してみたいと思います。

 

ワンピース961話の感想

ワンピース962話ネタバレ予想!

それでは961話の感想をお伝えします。

山の神をああも一撃とは、やはり光月おでんはの力は本物ですよね。

しかも、手柄をひけらかす事も無く、その姿に錦えもんや傳ジローはますます惚れ込んだのではないかと感じました。

そして961話終盤、あのオロチが康イエのコマ使いをしていたとはこれは本当に驚きでした。

てっきり、将軍になる前は何処かのヤクザの親分をしていたのではないかと思っていたのでなお驚きました。皆さんはどう予想していたのでしょうか。

オロチがコマ使いからどうやって現在の地位にまでいけたのか、気になります。

オロチの過去もそのうち明らかになるでしょうね。

 

ワンピース962話の考察!

ワンピース962話考察

それでは最後に、961話の流れを受けてワンピース962話の考察をしていきたいと思います。あくまで筆者の展開予想となりますのでどうぞお気軽にお付き合いください。

ワンピース961話では、オロチがコマ使いとして登場したところで話が終わりました。

962話では、康イエのところで世話になる、そんなシーンが描かれるのではないでしょうか

康イエの回想の際に、絶縁されたオロチが居ついていましたので間違いないかと思われます。

康イエにぶたれて、スキヤキの愛の鞭に応えろと言われて発奮し、九里に向かう展開になると思います。

 

また、オロチの過去ももしかしたら明らかになるでしょう。

どうやってあの地位まで築きあげたのか、康イエを恨む本当の原因は何だったのか、明らかになるのかもしれません。

 

果たして、実際の962話はどんな展開となるのでしょうか。11月18日の少年ジャンプ発売が待ち遠しいですね!

 

まとめ

今回は、ワンピース961話のあらすじと感想を紹介し、次回の962話の考察(展開予想)をお届けしました。

次回962話では、オロチは康イエのところで世話になる、そして康イエにぶたれて発奮し久里に向かっていく、そんな展開になるのではないかと思います。

彼の元で一体何をするのか、オロチの過去も次第に明らかになりそうですね。

実際の展開はどうなるのか、11月18日の少年ジャンプ発売を楽しみにしましょう!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。