ワンピース

【ワンピース】レイリーの名言&名場面ランキングTOP10!ロジャーの右腕のあの名シーンも?

【ワンピース】レイリーの名言&名場面ランキングTOP10!

大人気漫画ワンピース

個性的なキャラクターがたくさん登場してきますが、その中でも一つの時代を生きた男、いわゆる前史の男たちは魅力的なキャラクターが数多くいます。

ロジャー・ガープ・シキ・センゴク・レイリーなど強さの上限が異常な男たちばかりです。

今回は海賊王の右腕として初登場時、強烈な印象を受けたレイリーの名言と名場面を独自のランキング形式で紹介致します。

 

【ワンピース】レイリーとは?

ランキングの前にレイリーについて簡単にご紹介します。

海賊王ゴール・D・ロジャーがかつて率いたロジャー海賊団の副船長

ロジャーの右腕として”冥王”と恐れられていました。

ロジャー海賊団が解散した後は、シャボンディ諸島で船のコーティング職人として暮らしています。

悪魔の実の能力者ではなく、剣を武器としていて物凄い覇気の達人でもあります。

頂上戦争後のルフィに覇気を教えた師匠でもあります。

 

それではそのレイリーの名言・名場面ランキングへ早速移ってみましょう~!

 

【ワンピース】レイリーの名言&名場面ランキングTOP10!

第1位 今の時代を作れるのは今を生きてる人間だけだよ…!!

海賊王ゴール・D・ロジャーは、海賊(罪人)として世界政府に処刑され、自分のと引き換えに、新しい世代へメッセージを残します。

そして、ロジャーの言葉刺激を受けた者が夢やロマンを求め、新しい時代”大海賊時代”が始まったのだということがレイリーから語られる場面です。

ウソップが切り出します。

「じゃあ、まるでこの海賊時代は 意図してロジャーが作ったみてェだな」

レイリー「今の時代を作れるのは今を生きてる人間だけだよ

あの日、広場でロジャーから何かを受け取った者達が確かにいるとは思うがね」

ロジャーがこの大海賊時代の幕開けのきっかけとはなりました。

しかし、ロジャーが時代を作るのではなく、ロジャーのメッセージから何かを感じ取ったものたちがこれからの時代を作っていくとレイリーは言っています。

時代の創造者と先駆者は異なるというレイリーの深い言葉ですね。

 

第2位 若い芽を摘むんじゃない…これから始まるのだよ!!彼らの時代は…!!!

シャボンディ諸島で天竜人を殴り飛ばしたことにより、海軍大将”黄猿”に追われ絶対絶命の危機に追いつめられる麦わらの一味

そこにレイリーが即座に現れます。

ピカピカの実の能力者で光の速さで繰り出される黄猿の蹴りを、能力者でもないレイリーが止めたのでした。

レイリー「若い芽を摘むんじゃない…これから始まるのだよ!!彼らの時代は…!!!」

海賊王の右腕が次の海賊王になるやもしれない男の未来を救った痺れる名言です!

 

第3位 頂点まで行ってこい!

再会を果たした麦わらの一味がいよいよ魚人島に向けて出港する時。

師匠レイリーが弟子ルフィに向けて叫んだ一言が名言です。

「頂点まで行って来い!!!」

弟子の船出を見守るレイリーの涙が印象的な名言でした。

 

第4位 あの日ほど笑った夜はない…!! あの日ほど泣いた夜も…

ロジャー海賊団解散から1年が過ぎた頃、ロジャーが自首し、ロジャーの生まれた町”東の海”のローグタウンで公開処刑が発表されました。

”あの日”の広場には、今、海で名を挙げている海賊達の若き日のそうそうたる顔ぶれが並んでいたと聞く程に世界中が注目していたと、当時を知るレイリーの口から語られました。

レイリー「私は行かなかったよ。あいつの言った最後の言葉はこうだ…
”おれは死なねェぜ…?相棒…”」

「世界政府も海軍も驚いたろう…他の海賊達への”見せしめ”の為の公開処刑の場が、ロジャーの死に際のたった一言で
『大海賊時代』の幕開けの式典へと一変したのだからな…!!!
”おれの財宝か?欲しけりゃくれてやるぜ・・・探してみろ、この世の全てをそこに置いてきた”

残り数秒僅かに灯った”命の火”を、奴は世界に燃え広がる”業火”に変えた

あの日ほど笑った夜のない・・・!!あの日ほど泣いた夜も・・・酒を飲んだ夜もない・・・!!
我が船長ながら・・・見事な人生だった・・・・・・!!」

ロジャーがレイリーに残した最期の言葉のとおり

命の灯は消えても、大海賊時代の幕開けと共に人々の心の中に海賊王として生き続けていくこと。

それゆえ、ロジャーは死なないと言った。

そんな思いが伝わってくるような名言です。

 

第5位 その麦わら帽子は…精悍な男によく似合う…!!会いたかったぞモンキー・D・ルフィ

この言葉はシャボンディ諸島のヒューマンショップに捕らえられていたレイリーが自ら檻を破り会場内に現れ、ルフィと初めて出会った際に言った言葉です。

「その麦わら帽子は………精悍な男によく似合う………!!会いたかったぞモンキー・D・ルフィ」

海賊王からシャンクス、シャンクスからルフィへと意思が受け継がれていく様子を麦わら帽子が物語っています。

相棒が被っていた麦わら帽子を懐かしそうにみるレイリーが印象的でした。

 

第6位 戸惑いこそが人生だよ

この言葉はシャボンディ諸島編で黄猿とレイリーが剣を交えた場面での会話で登場します。

天竜人からの要請で軽い気持ちで島に来たので、レイリーの登場などにより海軍の大将”黄猿”は若干戸惑った様子をみせました。

レイリー「戸惑いこそが人生だよ 黄猿くん」

自分に問いかけられていると感じてしまうような強いメッセージ性を持った名言ですよね!

 

第7位 のるかそるかは勿論 キミが決めろ

ルフィに会うためアマゾンリリーに現れたレイリー。

会ったついでに、ローから預かっていた麦わら帽子をルフィに返します。

レイリーに対し早く仲間の元に行きたいんだと話すルフィ。

しかし、レイリーは以下のように諭します。

「本当にそれでいいのか?
あの島でキミ達の身に何が起きた 繰り返す為に…また集まる気か?」

シャボンディ諸島で起きた黄猿・戦闘丸・パシフィスタ戦での大敗北

さらに、くまにより一味を分裂されてしまった事はルフィにとって大きな痛手となりました。

それらを繰り返さないため、レイリーからある一つの提案が持ち出されルフィに決断をせまるのでした。

レイリー「のるかそるかは勿論 キミが決めろ」

物語の大事な転換点となった印象的な場面です。

 

第8位 逝ったか…白ひげ

この言葉は頂上戦争編で登場します。

白ひげの死を静かに見届けたレイリーが涙を浮かべながら一言。

「逝ったか…白ひげ」

幾度となく殺し合いをして生まれた同志への思い。

レイリーと白ひげの関係性がとても素敵ですよね。

 

第9位 歳は取りたくないものだ

この言葉はシャボンディ諸島編でレイリーが黄猿と互角の戦いを繰り広げながらもレイリーが語った言葉です。

「ハァ…ハァ…向こうの事態が尋常ではないな…!!何とか力を貸したいが…歳は取りたくないものだ ハァ」

 

黄猿「海軍大将一人止めといてまだ欲張られちゃあ わっしの立つ瀬がない いい加減にしなさいよ」

黄猿さんの言う通り、現役を退いてもなお、海軍大将を止めてしまう程強いおじいちゃんという強烈な衝撃を覚えました。

さすが、海賊王の船員だと納得します。

 

第10位 偉大なる航路”はまだまだキミらの想像を遥かに凌ぐぞ!!敵も強い キミにこの強固な海を支配できるか!?

この場面はシャボンディ諸島のシャッキーのバーでのレイリーとルフィのやり取りです。

レイリーの正体が冥王シルバーズ・レイリーと知った一味は海賊王の最期について真実を知るのでした。

世界を制覇したレイリーは世界の全てを知っていると語りました。

しかし、一味は真実を知ることを避け冒険を続けていく覚悟を決めたのでした。

レイリーはルフィに対して問いかけます。

「やれるかキミに… 偉大なる航路”はまだまだキミらの想像を遥かに凌ぐぞ!!敵も強い キミにこの強固な海を支配できるか!?」

ルフィはまたいつもの調子で平然と答えました。

「支配なんてしねェよ。この海で一番自由な奴が、海賊王だ!!!」

このやり取りがとても豪快でかっこいい大好きな名場面です!

レイリーもルフィの真意を試しているかのような気がします。

レイリーはこの答えを聞いた瞬間、ルフィをロジャーと重ねてみていたように感じます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はレイリーの名言と名場面をランキング形式で紹介しました。

麦わらの一味の恩人でもあり、ルフィの師匠でもある最強のおじいちゃんの良さが伝わりましたでしょうか?

伝説的な登場シーンや意味深な名言など見どころばかりでした。

かっこいいジェントルマンになりたい方はレイリー先生を参考にしてみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました。